[Mac] MacBook Pro水没(3)

前回はこちら

というわけでもう最後の望みはAppleに修理してもらうことです。いや、もう保証期間だとかびっくりするような修理代だとか言っている場合ではありません。MacBook Proが文鎮になってしまうかどうかの問題なのです。

土曜日に引き取り修理でMacBook Proは行きました。行き先は16万8千光年の彼方厚木のApple修理センターです。お問い合わせ番号見てトラッキングしまくりです。翌日の日曜日の朝に届きました。

修理開始。いやいや、日曜日なんだから今日は受領して月曜日からだろ、と思っていたら。なんとお昼過ぎに連絡が入ります。

おーい、なんか聞いている話と違うぞ、ということですね。修理のページを見ようとしたらエラーとなり開けません。いや、修理してくれるのかくれないのか!?とにかくまずそれを知りたい。Appleのサポートに電話してもらうように予約を入れます。14:50の時点で15:00からの予約ができます。15:00にかけてもらうようにして10分間待ちます。電話がかかってきました!!

まず、有償対応で修理費は規定の最大額で行える、とのことでした。そもそも修理してもらえるんですか?と聞くと

「もちろんでございます!!」

とのことでした。ああ、良かった。このあと状況を聞きました。

故障部位です。(交換部位です)
1.ロジックボード
2.ディスプレイ
3.トップケースの中
4.排熱ファン
5.スピーカー(左右)
無事だったのはSSDとバッテリーのみ。ほぼ全交換です。

サポートのお兄さん曰く、SSDが無事だったのがよかったとのことで、これ以上故障部位があったら修理不可で返送するところだったとのこと。「水没でここまで部品交換になったのはめずらしい」とのことでした。これは神対応と言っていいでしょう。(ダメなものはダメとして突っぱねる(ルールに従った正規の対応でも)「魔対応」と思われてしまうケースもあると聞いていたので)
Appleのサポートの方には「対応感謝します。」と言いました。
修理費は高い勉強代になってしまいましたが、修理できず文鎮化するという最悪の事態は避けられたので良しとします。

修理開始です。

やってくれたまえ!!

っていうか日曜日の対応ありがとうございます。

つづく




“[Mac] MacBook Pro水没(3)” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です