Parallelsを入れました

MacBook ProにParallelsを入れました。MacBook Proを買ってから試用版を入れたのですが二週間施行した後8500円も出す余裕がなく、そのままにしていました。

 ベクターから1月14日と15日の二日間割引になっていたのでこの機会に導入しました。

 すでにBootcampでWindows 10を入れてあるのですが、このBootcampのWindows 10パーティションをそのままParallelsで使うことができます。Parallelsでの仮想マシンとしても使うことができますし、BootcampでWindows 10を使うこともできます。

 Parallels初回起動時にWindows 10をマイクロソフトから新規ダウンロードするか、Windows 10のディスクイメージをUSBメモリなどから読み込むか、PCから転送するか、Bootcampのイメージを指定します。これでParallelsから今までBootcampで使っていたWindows 10が使えるようになりました。

とりあえずインストールしたところまでです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です