海賊とよばれた男を見てきました

「海賊とよばれた男」を見てきました。これは出光興産の創業者出光佐三さんの実話に基づいた物語です。実は原作本を読んでいて、これは映画化となったら見に行かねばということで見に行ってきました。

物語の中で国岡商店の店主国岡鐵三を演じるのは岡田准一さんが演じます。27歳の若い頃から60歳の戦後の活躍、そして晩年とそれぞれの都市を演じています。特に60歳の演技は見ものです。とても重厚な演技という感じです。

ネタバレはしませんが、あの長編の小説を2時間20分に収めていますが、なかなか原作のいいところを出した感動のお話ですごく良かったです。勇気付けられるものもあります。是非是非お薦めしたい映画です。

コメントを残す