西友のユア・レポ

私はよく西友で買い物をします。お昼にパンを買って行ったりします。西友って結構安くていいんですよね。西友ではユア・レポというアンケートに回答すると特典がもらえる仕組みがあります。



西友のユア・レポ

これはお買い物をした時のレシートに書いてあるお店のコードと取引番号で、スマートフォンのWeb画面でアンケートに答えると50円の割引が受けられるクーポンがもらえます。以前は抽選で2000円だったかのクーポンがもらえるというものでしたが、2018年3月6日からアンケートに答えるともれなく50円のクーポンがもらえます。ただし、アンケートに答えられるのは1日一回、使えるレシートは二週間以内のもの、本人または家族に西友と関連グループの人がいるともらえないという制限があります。もっとも社員割引はもっとお得なのですが。

アンケートに答えると、すぐにクーポンが発行され、スマートフォンのWebブラウザにバーコードが表示されます。Webブラウザにおそらくクッキーとして記憶されるので閉じてしまっても再表示できます。クーポンは最大30まで持てます。30を超えると古いものから削除されて行きます。実質的に毎日50円の割引になるので結構大きいですよ。

ただし、このクーポンはWebブラウザ(iPhoneの場合はSafari)に保存されるというもので、アカウント管理して西友が管理しているものではないんです。ブラウザのキャッシュをクリアしてしまったり、iPhoneを初期化したり、プライベートブラウズモードで使用すると貯めたクーポンは消えてしまいます。しかも、「お客様の誤操作によるクーポンの消滅は保障できません」と明言されています。おそらくプライベートブラウズモードになっている時点でクーポンが発行されず、注意書きは出てくるものの一般民間人(??)には理解ができないことがあるかと思います。(結構クレームになっているんじゃないかなぁ。)まあ、ある意味サーバーを持たずにアカウント管理もしないのだからシステムとしては低コストに抑えられていてよく考えたものだと思います。

また、導入当初は店員が扱い方をわからず、困っている間にレジは長蛇の列になってしまい、私の方が申し訳なくなって困ってしまったりしました。クーポン使用時はスマートフォンのWebブラウザのクーポンのバーコードを読ませてから、店員が「レジ係員 専用ボタン」というのをタップすればクーポンは使用済みとして扱われ、バーコードは消えてしまいます。今日は、レジの店員さんがバーコードをスキャナで読ませる前に「レジ係員 専用ボタン」をタップしてしまい「あっ、バーコード読ませてからじゃないとダメでしょ」と言ったら画面には次の分のクーポンが表示されていて「大丈夫です」というので、最初に見せたクーポンが消えて次のが表示されただけと説明したところ、別の店員さんを呼んできて大騒ぎに。結局、クーポンは消えてしまったのでしょうがないかなと思っていたのですが、機転を利かせて品物の一つを50円引きで販売したことにして実質的に割引となりました。その間、レジは長蛇の列に。またまた、私が申し訳ない気持ちに。なんか50円のことでここまで大騒ぎになるとは。店員さんも平謝りでした。

まあ、消費者としてはアンケートに答えるだけで50円割引になるし、西友としても今まで以上のアンケート回答があり有益だとは思うのですが、現場の店員さんは本当に大変だなと思いました。西友の店員さんいつもお疲れ様です。また利用させていただきます。




コメントを残す