EOS Kiss Digital Nが壊れた

長年使っていた一眼レフデジカメCanonのEOS Kiss Digital Nが壊れました。



子供が生まれた年に買って今まで10年以上使っていました。結構お気に入りのカメラで、何度買い替えようと思っても十分に(私なりに)いい写真が撮れるので使っていました。2013年には修理サポート終了となりCanonのサービスセンターでも「もう修理できない」と言われていました。レンズも標準レンズの18-55mm USMに加えて、単焦点50mm F1.8、タムロンA16 17-50mm、望遠レンズ Canon 55-250mm USM ISと揃えてきました。

二月にお台場に行った時に持って行ったのですが、海浜公園の写真を撮ろうとしたらシャッターが押せません。オートフォーカスが合わなくなっているんです。その日は奇跡的にガンダムUCの写真がオートフォーカスで撮れて、それがラストシューティングになってしまいました。

レンズも接点もきれいにして再度試みましたがダメでした。

実際のところはオートフォーカスだけが壊れていて、マニュアルフォーカスでは撮影ができるんです。レンズをAFからMFに切り替えて、ピントリングを回してピント合わせすれば撮影することはできます。今年の近所の桜の写真はこれで撮ったのですが、結構いけました。むしろMFで撮る楽しみを知ったという感じです。

ただ、これから写真を撮っていく上では、やはりまともに動作するデジカメが欲しいので、買い替えを検討することにしました。

続く。




コメントを残す