菊川怜さんの着信アリ

キザワです。座右の銘は「打ち込め魂仕事の上に」です。(^_^;)

期待していた「着信アリ」ですが、通りにそれなりの内容でまあまあ最終回までダラダラと見るかなという感じです。菊川怜さんが出ているので心霊バスガイドの時のように明らかに外すダジャレの連発のようなコミカルな内容を期待はしていましたが、残念ながらそれはないようです。お話としては、携帯電話に未来の自分から伝言が入ってきてそれが自分が死ぬ間際の声が入っている、それを聞くとその人はその時間に死んでしまうという都市伝説(??)のお話です。ドラマの中の実際の事件では犯人がちゃんといるんですが、それとは別に謎の着信があるというものです。物語としては一話完結のようですが、謎はそのまま平行して最終回まで引っ張るというもののようです。

 まあ、見たんですが、怖くはないですね。なんかこんなもんかなという感じです。これよりは私の携帯電話に「着信アリ」の方がよっぽと怖い・・・。

コメントを残す