ガンダムOOは何故つまらないと言われるのか

先日あるオフ会で(ここのお話は別途)「木沢さん、ガンダムOOはどうしてつまらないんでしょう。」というようなお話が出ました。(いや、お酒が入っていたので記憶は定かではないんですが。)「いや・・・つまらないって事はないんでしょうけど・・・」とお話をしていたんですが、「何故か?」と考えてみました。

ガンダムOOは、今から300年後の西暦2300年初頭のお話です。実はガンダムシリーズで現実世界からの未来のお話を書いた話は確か無かったかと思います。ここにはスペースコロニーは存在せず地球vs宇宙という構図はありません。太陽光発電という新たなエネルギー資源を構築した世界。世界を三つの勢力に分けて戦争状態を続けています。見たところ冷戦といった方がいいんでしょうけど。ここへソレスタルビーイングという私設武装組織が起動兵器ガンダムを使って三つの勢力に対して武力介入を行い、戦争を根絶させるという物語です。ファーストシーズンとセカンドシーズンに1クールごとに分けて放送しています。今はセカンドシーズンが放送中です。年度末に向けていよいよクライマックスです。セカンドシーズンは、三つの勢力が一つの組織となり、更にその中の精鋭部隊であるティターンズアローズが暗躍し、それにソレスタルビーイングが立ち向かうというものです。このシリーズの真の目的は、バンダイと呼ばれる謎の組織がプラモデルを売るために・・・じゃなくてまだわかりかねるところはありますが。

ただ、私は多少の設定に無理があるものの毎回毎回おもしろい展開のような気がして見ています。ただ、「気がして・・・」というのが曲者なんです。「本当におもしろいか?」と疑問に思うことはあります。どこか変におもしろくさせようとして無駄に時間を費やしているのではないかという疑問が残ります。理由を下記に挙げると

  • あと6話でまともに話が閉じるように思えない
  • わざとらしい伏線がありすぎて、しかも本筋と関係無いところまで及びストーリーを薄くさせている

中途半端に終わらせて余韻をのこしてもうしばらく商売したい気持ちもわからないではないんです。ただ、物語としてストーリーとしてちゃんと完結してまとめ上げて欲しいと思います。また、伏線にしてもそうで、これらはすべて”2ちゃんねるで話題にしてもらうために”展開しているように感じます。つまりいろいろな憶測が憶測を呼びそれを話題にしている。視聴者任せ的な意図が感じられるんです。これはエヴァンゲリオンが成功した手法ですね。確かに私も当時はおもしろいと感じましたし、いまでもあのエヴァ現象は楽しかったと思います。ただ、それもわざとらしく続く且つ内容がまとめ上げられていないものであれば「どうです?謎でしょ?これで盛り上がってくださいよ。」的なところが押しつけられているようで妙な不快感を感じるところがあります。結果、ガンダムSEEDのように駄作と言わざるを得ない仕上がりになってしまう危惧があります。

ガンダムってのは、限りなく現実に近い戦争を背景にした人間のドラマなんです。イケメンパイロットや胸の大きい萌え系女の子と収拾のつかない謎を散乱させて話題をとらなければいけないような作品ではないはずです。

そんな姿勢が見えるような作りが(本当はそういう意図ではないのかもしれないのでこういう言い方をするが)、「どこかガンダムOOはつまらないのではないか?」と思わせる要因の一つではないかと思います。
もちろん、作品を作り上げるというのは大変な仕事で、私のような素人があれこれ言うのは作者側に対して失礼かもしれません。いろいろな要因で本当に作りたいものが作れない事情もあるでしょう。しかし、ガンダムというのはきちんと仕上げて欲しいというのが、私の希望でもあります。

そういう意味で私が特にお薦めしたいガンダムは「機動戦士ガンダム0083」です。これは本当にすばらしい作品です。

劇場版 機動戦士ガンダム0083~ジオンの残光

お時間のある方はOVA全6巻見られることをお勧めします。

機動戦士ガンダム0083 STARDUST#MEMORY(1)

コメントを残す