眼鏡の買い換え またまたエアリストにしました Part4

前回からの続きです。

眼鏡の仕上がりは2月27日(金)の予定だったんですが、25日(月)にはできあがったというメールがありました。早いですね。メガネドラッグ大船店は19:30までしかやっていないので、平日なかなか行くことができません。ただ、今の眼鏡の壊れた部分が不安定でどうも落ち着かず、いつものようなハイクオリティーな仕事がこなせないので(^_^;)、今日メガネドラッグに行ってきました。HOYAのエアリストです。

DSCF0006-1

今までかけていた眼鏡とどうタイプなんですが、フレームの色をクリアブラウンからブラックにしました。ちょっと大人の雰囲気を醸し出しています。(おいおい)

かけてみたんですが、いやーやはり新しいのは違いますね。フレームはしっかりしていて顔になじむし、なによりも新しいレンズはきれいですごく見やすいです。いわゆるリピーターですが、エアリストにして良かったですね。

さて、今までかけていたエアリストですが、予備の眼鏡として使おうと思っていました。また、子供と遊んでいる時用。(^_^;)鼻にあてる部分が不安定なので、ここだけそんなに高額ではなかったので修理してもらうことにしました。

更に、今までのレンズを見ると水で拭いた後のようにレンズのコート部分が剥がれているんです。どうしてそうなるか、眼鏡の手入れはどうすればいいか聞いてみました。今回は店長さんが対応してくれました。

眼鏡のレンズはプラスチックの表面に薄い金属の幕が貼ってあるそうです。その薄さは光の波長の1/4とのこと。これが浮いてしまうとあとはもう剥がれるしかないそうです。

洗うときは水で流して、ティッシュなどで軽くたたくように水滴を取る、とやってください。とのとこです。

お湯に入れて拭いたことがあり、それはダメとは聞いていました。それも聞くと、それもそうなんですが、よくゴシゴシと拭いてしまうこと。あれは摩擦熱を発生させてコーティングを痛めてしまうことになり良くないそうです。いやいや、それは知りませんでした。私はよくやっていたので逆効果だったようです。これからは気をつけなければいけませんね。

いろいろと説明していただき勉強になりました。

コメントを残す