カブトムシを飼うことになりました2007 (最終回)

久々にカブトムシ君のお話です。2007年版は今回で最後になります。というのは今朝カブトムシ君が亡くなってしまいました。実は昨日の夜寝る前に餌が切れていないか確認しようとしたらひっくり返っていたんです。ただ、とまり木に手(??)が届く位置ににいたので普通だったら起き上がれるところなんですが、かなり弱っていて起き上がることもできません。もう、左中足と左後足は動かなくなっており、せめて餌だけでも食べさせてあげようと昆虫ゼリーのあるエサ台まで持って行ってあげたのですが、しばらくするとバランスを崩してコロッと転がってしまいます。なんとか安定させてあげて寝ることとします。もうそろそろ寿命でしょうし私には残念ながらどうすることもできません。きっと朝起きたらもう生きてはいまい・・・と万感の思いを込めてお別れを言います。(;_;)

 昆虫ケースにオスメス何ペアものカブトムシが入っている妙な夢を見て目が覚めました。昆虫ケースを除いているとやはり亡くなっていました。脚が弱っていたようでやはりひっくり返って亡くなっていました。買ったときに取って置いた入れ物(ホームセンターの昆虫専用ケース)に昆虫マットを入れて中に埋葬します。去年同様燃えるゴミとして今年買った昆虫のマットの余りと一緒に出しました。去年も書いたのですが、なんかかわいそうな気もしますが埋葬するよりも可燃ゴミとして出した方がいいようです。奥様にも「庭に埋めるな」とも言われていましたし。とはいえ、丁重に送り出してあげました。

 今年は、6月下旬にオスメスセットで買って産卵させて本格的に飼おうかと思ったのですが、二日で死んでしまい、7月始めにオスだけ買って育てました。(2ちゃんねるの昆虫板では成虫で買ってきたものを買ったのでは”育てる”とは言えないらしいが。)2ヶ月半飼っていたことになります。去年も9月末に亡くなってしまったので、時期的には仕方がないでしょう。もしメスも飼って交尾とかさせていたらもっと寿命は短かったと思います。子供も「カブーカブー」と喜んでいしましたし。何か飼うというのはいいことでしょう。

 昆虫ケースととまり木とかエサ台は綺麗に洗って乾かして物置にしまいました。また来年の夏、飼おうかと思います。今度はオスメスセットで飼うかなぁ。(って去年も同じ事書いて締めくくっている。)

カブトムシを飼うことになりました2007 (6)

で、カブトムシの話はどうなった。ってフォローが入り、そりゃもう持ち株が全部値下がりで・・・ってそりゃ違うカブだろというところで、カブトムシ君のお話です。

現在のところ非常に元気で毎晩3~4時の間には起こされます。(^_^;)珍しい(??)のがオスなんですが、よく地中に潜ります。今までオスが地中に潜ることなんかなかったんですけどね。昼間は確実に潜っていて夜になっても潜ったままと言うことが多いです。また、餌のゼリーですがものすごい勢いで食べることもあれば全く食べない日もあります。心配したり安心したりという日々が続きますね。(^_^;)

さてさて、メスを買ってきて卵を産ませて幼虫から育てるか悩んでいるところです。温度管理なんかは難しいんだろうなぁ。

 

カブトムシを飼うことになりました2007 (5)

    この連載も5回目になりました。いや「ザク Ver.2.0はどうした」とか「株ロボはどうした」とか「本当にW-ZERO3買うの?」とかいろいろとみなさんからお問い合わせいただいておりますが・・・。

    さて、カブトムシ君ですが、やはり今シーズンもう一度挑戦することにしました。意外なことに奥様はカブトムシを買うことに非常に寛容で「近くに売っているところとかないの?」とかいう話になっています。近所の林に捕りに行くのも手なんですが・・・。

    私の近所の旧鎌倉街道沿いの公田交差点近くにカブトムシとクワガタの販売の看板を見たことがあるんです。ちょっとそこに行ってみることにしました。先日カブトムシを買ったホームセンターですが、やはり個体が弱っていたのではという観点からそこで買うのはやめました。で、看板の出ていたお店ですが、残念ながら看板そのものがありませんでした。そういえば洋光台のケイヨーD2で売っていたのを見たきがするなぁ、と思ってちょっと足を伸ばして洋光台のケイヨーD2に行ってみます。行ったらペットコーナーの一角で売っていました。オスメスセットがなんと780円、オスのみが一匹498円です。単体売りはオスのみです。セットは小さな虫かごの中に入っていてサイズはかなり小さいです。でも、オスメスが仕切っていないのでもう交尾をして寿命が短いかもしれません。かといって、オスだけでもなぁ・・・と思っていたのですが、仮に産卵させて幼虫から冬も温度を気にしながら育てられるかなぁと思っていると「とりあえずオスだけでも飼うか」という結論になり、オスだけ買ってきました。現実的に考えて幼虫も育てるのはやめることにします。大きめの昆虫ケースにかなりの数のオスが入っていたので気になったのですが、ライトを照らしてその発熱でそれなりに温度には気をつけているようでした。

    一度からにした昆虫ケースに保水ジェルを引いて、例の昆虫マットに適度な水分を加えて攪拌して一日置いたものを入れます。これで発酵のガスで酸欠ってことはないよなぁと思いつつ入れます。えさ台の木と止まり木を入れてカブトムシ君を入れます。これで先週のように一日で死ななければいいと思うんですが。で、今まで使っていた昆虫ゼリーをエサ台の上に置くとすごい勢いで食べ始めます。というかまずゼリーを角で割って顔をゼリーに突っ込んで食べ始めます。こうかれこれ5時間くらいになりますがまだ食べ続けています。

    今度こそは天寿を全うさせてあげたいと思っています。

    DSCF0001.JPG
    私、多分三匹目だから・・・

カブトムシを飼うことになりました2007 (4)

先週買ったばかりのカブトムシ達が2日連続で亡くなってしまって(専門用語で☆になったというらしい)ショックです。先日私は昆虫マットのガス抜きをしていなかったことが原因かと言ったのですが、今回買った昆虫マットはマルカンのカブキングマット(M-16)というやつで発酵済みのものでした。ですからガス抜き不足による窒息死という線ではなさそうです。仲間内の詳しい人とか2ちゃんねるの昆虫板のカブトムシ・クワガタ飼育スレッドのみなさんのご意見からすると下記の要因が挙げられました。

  • ホームセンターのエアコンで弱ってしまった
  • 販売管理上の問題
  • 元々個体が弱っていた
  • 買った帰りに寄り道して車の中に放置して高熱で弱った

など考えられる要因は32768通りあるのですが、これだという原因はわかりません。おそらく「元々弱っていた」という見解を最終見解としました。亡くなってしまったカブトムシ達にはかわいそうなことをしてしまったと思います。芝生もそうですが、生き物って難しいです。

折角いろいろと用意したので今シーズンもう一度挑戦したいと思います。実は近所にカブトムシが捕れる林というか山があったりするんですが、夜中や明け方に行くのはおっかないし、私自身が不審者だと思われるだろうし、私有地だったら不法侵入になってしまうし・・・なかなか捕まえるのは難しいです。また、私の勤務地の神奈川県ネバダ州だと明け方に「街灯の下に行くと落ちている」(現地人のお話)ということで、その時間に早出する・・・いやその時間まで仕事をして(^_^;)捕りに行くのもいいかと思います。ってそれも大変。やはり買ってくるかないのかなと思っています。まあ人によっては「カブトムシをお金を出して買ってくる」と言うこと自体が信じられないようですが。ただ、あのホームセンターのカブトムシはちょっとやめておこうかなと考えています。プロのブリーダーさんが通販サイトを開いていて、そこから通販で買おうかなと思っています。イークワドットコムというところです。サイトはこちら。今だと期間限定でセット価格(??)のようです。むむむ、どうするかなぁ。

だからどこがデジタル生活なんだか・・・。

 

カブトムシを飼うことになりました2007 (3)

    またまたカブトムシ君のお話です。昨日オスが亡くなってしまったと書きましたが、今度はその翌日に

    メスもなくなってしまいました

    ガーン!!

    前日からなんか元気がないなとは思っていたんですが、朝起きたら動かなくなっていました。

    日曜日に買って、オスが月曜日にメスが火曜日に亡くなってしまうとは。昆虫マットを発酵したのを確認せずそのまま使ったのか悪いんでしょうか。ガスが発生して酸欠状態になることがあるそうです。私の昆虫ケースはセカンドインパクト後の南極のような感じです。

    なんか元々弱っていたのを買ってきたのかとも思っていたんですが、こうも連続ですぐに亡くなってしまうとは何か環境の問題があるのかもしれません。今シーズンはできればまだ飼いたいのですが、こうなってしまうとショックですね。”命”は大切にしたいですからねぇ。ちょっと考えています。

 

カブトムシを飼うことになりました2007 (2)

    カブトムシ君のお話の続きです。というか今日は書くつもりはなかったのですが・・・・。

    今日帰ってきたらショッキングな出来事が・・・。

    オスが死んでいました。(ガーン!!)

    すべての足を内側にして座るようにしていました。メスは昆虫マットの中に潜り込んで生きています。なんか昨日買ってきてから思ったほど動き回っていないなとは思っていたんです。何が原因だったんだろう。よく昆虫マットを2~3日放置してからでないと昆虫マットから出るガスでやられてしまうとか聞いたことがありますが。

    何にしてもかわいそうだしショックだなぁ・・・。(;_;)
    なんかガッカリです。

カブトムシを飼うことになりました2007 (1)

    去年奥さんのお母さんからいただいたカブトムシを飼うお話をしました。その後9月末で残念ながら死んでしまいましたが、久々にカブトムシを飼ってみて楽しかったので今年はホームセンターで売り出したらオス・メスペアで飼ってみようかなと思っていました。

     というわけで、今日近くのホームセンター(ビックサム港南台店)に行って買ってきました。先週は別のホームセンター(コーナン鎌倉大船店)に行ったら国産のカブトムシは売っていなくて時期を聞いたら「6月下旬」とのことでした。もうそろそろだったんですね。外国産のアトラス何とかとか昔図鑑で見たことがあるようなカブトムシは売っていましたが、外国産の昆虫なんて私にとってはエイリアンと同等(!?)なので(わざわざ日本に連れてこられたカブトムシには申し訳ないが)ちょっと飼う気にはなれません。最近はオスメスを仕切った小さな虫かごで売っているのを見たことがあるのでそういう風に売っているのかなと思ったら、それは外国産だけで日本産は大きな飼育箱の中に入っていてその中から取ってもらう様になっていました。なんか今でもそういうのを見るとワクワクしますね。

     店員のおじさんを呼んで「オスメス一匹ずつお願いします。」とお願いしました。飼育箱をあけると沢山カブトムシが入っています。おじさんが何匹か出してくれます。「これなんかいい色だねー」(=色が濃い黒であればあるほどいいとのこと)「足引きずっていないねぇ。」とかいろいろと見てくれます。「じゃあこれお願いします。」とまずオスを選びます。「メスはねー別の箱なんだよ。」と今度は昆虫マットが一杯入った別のケースを開けます。あれ、一匹もいません。「全部潜っちゃっているんだよねー」と掘り起こすと沢山出てきます。「これなんか活きがいいんじゃないかな?」と数匹選んでくれますので、「じゃあこれお願いします。」とメスを選びました。紙の箱に入れて値段を書いたラベル貼り付けて「これレジで出してください」と言われます。なんか妙な感じですが。(^_^;)お値段はオスが850円、メスが450円でした。相場はわかりませんが、こんなものですかね。

    店員のおじさんとちょっと話していたんですが、「オスメスペアだと交尾して産卵するので両方とも寿命が短い」とのことです。「1シーズン2~3回成虫を買うような感じかな?」と言っていました。成虫となると結構シビアですね。何にしても大切に育てたいと思っています。できれば産卵したたまごを孵化させてまた来年サナギから成虫になってもらいたいと思っています。(うーん、また凝り性な性格が・・・)

    同時に昆虫マットととまり木を一本買いました。去年の切り株もあるのですが、それだけだとひっくり返って起きられなくなった事がありましたので。家に帰って去年使った昆虫ケースを出して昆虫マットを5~7cmくらいの高さで入れます。メスがそれなりに潜れるようにと思っているのですが、ここら辺のさじ加減はわかりません。昆虫マットはマルカンの「くぬぎ昆虫マット」というもので「クヌギ・ナラの朽木を粉砕したものに、特殊栄養剤を混合しました。」と言うものらしいです。餌は去年買って余っていた昆虫ゼリーを与えます。

     今のところ、メスは昆虫マットの中に潜り込んで、オスは斜めに立てかけたとまり木の裏側に逆さになって角を昆虫マットに埋めてじっとしています。去年の経験から言って、明け方うるさくなるでしょう。(^_^;)

    DSCF0007.JPG

    DSCF0009.JPG

    つづく

 

 

カブトムシ君が死んでしまいました (カブトムシを飼うことになりました(4))

カブトムシ君シリーズですが、つい先日亡くなってしまいました。家に帰ってきて部屋に入ると毎日カブトムシ君の様子を見ていたのですが、その日は珍しくゼリーの所には居ず昆虫マットの上にガッシリと脚を立てて動かなくなっていました。なんか北斗の拳のラオウの最後を見ているような感じで勇ましくも感じられました。 短…

カブトムシ君シリーズですが、つい先日亡くなってしまいました。
家に帰ってきて部屋に入ると毎日カブトムシ君の様子を見ていたのですが、
その日は珍しくゼリーの所には居ず昆虫マットの上にガッシリと脚を立てて動かなくなっていました。
なんか北斗の拳のラオウの最後を見ているような感じで勇ましくも感じられました。

短い間でしたが、27年ぶりにカブトムシを飼うのは結構楽しかったです。私もできる限りのことはしましたが、
さすが10月までは生きられませんでした。今までカブトムシを飼っていたときは死骸は庭の土に埋めたりしていたのですが、
一般ゴミと一緒に出すことにします。なんかかわいそうな気がしますが、自然環境を考えるとその方がいいことがあるようです。
小さい箱がありましたので、使っていた昆虫マット(大鋸屑だが)を入れてその中にカブトムシ君を埋めて丁寧に埋葬します。
朝出すときに奥様が庭の花をつけてくれました。短い間でしたが、何かの縁でしょう。丁重に送り出しました、

来年はホームセンターで雄雌セットで買ってきて飼うかなぁ。

 

カブトムシを飼うことになりました(3)

というわけで、またまたカブトムシ君のお話です。(いや、だからどこがデジタル生活・・・) カブトムシ君専用の蜜をあげていたのですが、止まり木にかけると染み込んでいってしまい、またプラ版の上にかけてもひっくり返してしまいます。というわけで、試しに「カブトムシ用ゼリー」ってのを買ってきました。もうシーズン…

というわけで、またまたカブトムシ君のお話です。(いや、だからどこがデジタル生活・・・)

カブトムシ君専用の蜜をあげていたのですが、止まり木にかけると染み込んでいってしまい、
またプラ版の上にかけてもひっくり返してしまいます。というわけで、試しに「カブトムシ用ゼリー」ってのを買ってきました。
もうシーズン的には終わりなのですが、賞味期限も2009年12月30日までなので買ってみました。

DSCF0006

なんかカブトムシ用とクワガタムシ用があるんですね。50個入りしかないんですが、こんなに要らないかなぁ。しかも、
アトラスオオカブトやコーカサスオオカブト用という外国産の大型甲虫用らしいのですが、まあいいかな。
値段はカブトムシ用の一番安い奴を買いました。

DSCF0009

とりあえず置いてみました。まだこの時間は活動中ではなく食べ始めていませんが、どのくらいの量を食べるのか楽しみです。

しかし、来年の分までありそうですね。虫かごも持っているし引き続き飼いますか。あ、もちろん私は日本製のカブトムシですが。

 

カブトムシを飼うことになりました(2)

夏休みが終わって、普通の生活に戻ってしまった今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか。どうも休み明けの初日ってすげー会社に行きたくないのはいつになってもですね。(^_^;) で、私のカブトムシ君ですが、芝生に次ぐヒット作のようで連日伊原さんからはシリーズ化しろと言われ続けているのでちょっと書きます。 …

夏休みが終わって、普通の生活に戻ってしまった今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか。
どうも休み明けの初日ってすげー会社に行きたくないのはいつになってもですね。(^_^;)

で、私のカブトムシ君ですが、芝生に次ぐヒット作のようで連日伊原さんからはシリーズ化しろと言われ続けているのでちょっと書きます。

 いただいたカブトムシ君は今でも元気で深夜から明け方にかけて虫かご(ほとんど水槽みたいな感じだが)の中でゴソゴソと動き回り毎朝4:30頃には目が覚めてしまいます。
とりあえず、蜜をあげて黙ってもらっていますが。この蜜の量ってどのくらいあげておけばいいかわからないんですよね。しかも、
木にかけておくと染み込んでしまってすべてがカブトムシ君のものになるかわかりません。とりあえず、
プラ版の上にかけて長持ちするようにはしています。

 恐らく昼間と今頃の時間というのはおとなしいようで弱っているんだかわかりません。深夜になると歩き回ったり飛ぼうとしたりします。
長生きしてもらう為にどうしようか調べているところです。

IMG_2958

IMG_2959

しかし、思えばこんな虫かごの中で飼うのもなんかカブトムシ君に悪い気がします。
外は広いのにこんな狭いところに入れられたらストレスも溜まるんじゃないかと思ってしまいますよ。
子供の頃と違って慈悲深くなってしまうので(??)カブトムシ君を見ているといろいろと考えてしまいます。