今日でパソコン歴30周年

今日、3月7日は私が初めて自分のパソコンを持った日です。時に、西暦1983年3月7日。富士通のFM-7(Fujitsu Micro 7 / MB25010)が家に届いた日です。その前から電気屋のパソコンコーナーで散々パソコンを使っていたので正確なパソコン歴としては33年になりますが、自分のパソコンを持てたのがこの日が初めてでした。

当時は中学三年生で高校受験に受かってパソコンを買ってもいいと言われて大喜びした覚えがあります。LaOX瀬谷店(当時)で注文して届けてもらいました。届いたのが3月7日です。学校から帰ってきたらFM-7とモニタとデータレコーダの箱が届いていて大喜びでした。

そこから私のパソコン人生が加速しました。おかげさまで30年たった今でもパソコンまみれの生活をしています。また三十年後75歳の私はきっとパソコンマニアを続けていると思います。(^_^;)

さて、そのFM-7ですが、まだ実家にあります。もうモニタは捨ててしまったので仮に電源が入ってF-BASIC V3.0が起動してもその画面を見ることができませんが、できれば永久に持っていたいと思います。

スターバックスのWiFi試しました

スターバックスがWiFiサービスを始めています。2012年7月2日からですかね。スターバックス店内で使えるフリーのWiFiサービスです。

http://starbucks.wi2.co.jp/pc/index_jp.html

image

メールで事前登録すれば無料で使うことができます。

早速登録して大船のスターバックスで利用してみました。私は毎月の.NETラボ勉強会で行く前に大船のスターバックスでコーヒーを飲みながらセッションの資料を用意するのが習慣となっています。ちょっとだけノマド生活です。

メールでは事前登録しているので、お店についてからThinkPadからメールアドレスとパスワードでログインするとすぐに使えるようになりました。ちなみにセキュリティー上はWEPの暗号化すらされていないのでここは注意しておく必要があります。

http://starbucks.wi2.co.jp/pc/security_jp.html

image

速度測定ですが、まず体感速度としては十分な速度と言えるでしょう。私の場合はWebを見たり、PowerPointでスライドを作ってSkyDriveに上げている程度ですが。動画は試していません。速度測定はブロードバンドスピードテストのサイトで行ってみました。

http://www.bspeedtest.jp/

結果は下記の通りです。

42xcu

まあ、17MbpsならばWiMAXでも(大船では(^_^;))このスピードは出ないのでなかなか優秀でしょう。

セキュリティー上の不安があるので手放しには喜べないのですが、ここまで公衆無線LANがあるとモバイルルーターの必要性も低くなってくると思います。

 

ThinkPad Edge E420届きました!!

昨日(12/20)にThinkPad Edge E420が届きました!!ThinkPadは535、1124、X22以来の四代目のThinkPadになります。RIMG1096

E420は14インチモデルで、ちょっと大きいかなとは思いましたが、机の上においてみるとちょうどいい感じです。ただ、モバイルノートとしては確実に大きいのでカフェでちょっと使うというのには合わないかもしれません。主流は13.3インチのノートパソコンなんでしょうね。

とりあえず開封の義です。

RIMG1100RIMG1101RIMG1105

キーボードですが、廉価版のThinkPadであることと、アイソレーションキーボードでしたのであまり期待はしていませんでした。しかし、実際に使ってみると非常にしっかりしています。むしろ、いいキーボードだと言えます。(個体差があるようですが。)ただ、キーピッチが広いので慣れが必要かと思っています。

重量は2.1kgで片手にファイルを持つような感覚で持てます。毎日カバンに入れて歩くのは厳しいかと思いますが、ちょっと持ち運ぶ分にはいいかと思います。

液晶モニタですが、これは残念ながらよくありませんね。ちょっとぼやける感じがします。ただ、輝度調整で若干良くなりました。また、光沢液晶フィルムを貼ると改善されると聞いています。光沢液晶フィルムは買う予定なので、貼ってみたいと思っています。

やはり、ThinkPadと言えばトラックポインタ。これは操作性がいいですね。トラックポインタとトラックポイントボタンの組み合わせでキーボードから手を離さずに画面がスクロールできるのはいいですね。やはりThinkPadにしてよかったと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

ThinkPad Edge E420はこれから末永く使うサブ機として大切にそしてアクティブに使いたいと思っています。

詳細レポートはまたします。とにかく、このスペックのノートパソコンが4万円ちょっとで買えるというのは素晴らしいですね。

WindowsVistaのボリュームシャドウコピー

最近どうにもMacがうらやましくなって、更にTimeMachineもうらやましくなる始末で、で、今日もらったボーナスがあれでは・・・。と思う今日この頃です。

TimeMachineがうらやましければ、僕らにはボリュームシャドウコピーがあるじゃないか。ということで、すでに導入はしているんですが、今一度確認してみました。

こちらの記事が参考になりました。

ただ、このボリュームシャドウコピーに使う領域はディスク容量の15%と空き容量の30%の少ないサイズとなるようです。ディスクの容量は余るくらいあるのでもうちょっと大きい領域をとってもいいと思っていたんです。上記の記事でvssadmin Resize ShadowStorageというコマンドで変更できることがわかりました。ちょっと調整してみます。

WindowsServer2003である

最近インストールネタが多いんですが、今度はWindowsServer2003です。それよりも床屋に行って散髪したいんですが。 (^_^;)  もうすぐ会社に新しい部門サーバーが届くんです。で、OSはWindowsServer2003になります。ファイルサーバー兼Webサーバーになるので極端な話Win…

最近インストールネタが多いんですが、今度はWindowsServer2003です。それよりも床屋に行って散髪したいんですが。
(^_^;)

 もうすぐ会社に新しい部門サーバーが届くんです。で、OSはWindowsServer2003になります。
ファイルサーバー兼Webサーバーになるので極端な話Windowsである必要はないんですよ。
個人的な話をするとLinuxがいいんですよ。Linux!!でもねー。
Linuxでサーバーを組んだ日にゃメインテナンスが私一人だけになるのでWindowsにしておけば、
私以外の人に責任を押しつけられる(??)のでWindowsServer2003にしておくのがいいかと思います。ケーロケロケロケロ。
しかし、Linuxくらいみんな使えないとこれからの情報通信のエンジニアリング会社としてはいろいろと大変でしょう。
(^_^;)それはさておき・・・。

 と言っても、Linuxもそれほど使いこなしているわけではなく、またWindowsでのサーバー運用としても知識としては
「フォルダとプリンタの共有」と「Webサーバーの立ち上げ」ってくらいのものであまり詳しいわけではありません。
とくにあのActiveDirectoryってのはよくわかりません。知ってしまえばああなるほどと思うんでしょうけど、
これから勉強しなければなりません。むむむ、時間がない・・・。まあまあ、
最初はファイル共有で使い始めてもらって適当なところで切り替えなんて問題先送り的なのも良くないしなぁ。

 とりあえず、本屋さんで本を物色してみます。これあたりわかりやすくていいんじゃないかと思います。
技術評論社のWindowsServer2003パーフェクトマスターって本です。このシリーズってわかりやすくていいですよね。
特にカラーでわかりやすい気分にしてくれるところが好感触です。(おいおい)

うーん、3000円か・・・。先日もwikiの本買ったり、
大船の駅の構内に朝7時から開店している本屋さんのおかげで本代が結構かさんでしまってセーブ気味です。これ岩波やPHPの新刊やら
「拒否できない日本」やらパソコンの専門書以外も読むようになって、活字を読むことが多くなってきたのでそれはそれでいいんですけどね。
会社の経費で買ってくれないかなぁ。夜食の費用1653円を出すくらいだから、3000円くらいいいだろうなぁ。
(^_^;)と思いつつも自己啓発の一環で買うことにします。でも、ここでは買わずに携帯電話のメモにISBNコードだけメモして、
Amazonのユーズドストアにあるか見てみます。2200円であったのでこれを買うこととします。ああ、
無駄な買い物にならないことを祈りますが。

 で、肝心のWidowsServer2003ですが、自宅でもインストールしてみました。もちろん個人で買うわけが無く、
VirtualPC上でマイクロソフトの180日間限定版を試します。
やったことをメモしていって180日経ったら再インストールして使います。(おいおいいいのかその使い方・・・
)CD二枚分をダウンロードします。とりあえず、インストールだけは済ませました。でも、
セキュリティー強化の観点からデフォルト状態では何もできないようになっています。それはいいことでしょう。
ファイル共有すらインストールしないとできません。まず、仕事で使うサーバーとして何が必要か?から考えてやっていきたいと思っています。
仕事上の機密事項に触れないレベルで書ければ書いていきたいと思っています。wikiに書いた方がいいかな。

 

危うく再インストール

なんか、深夜まで打ち合わせしてそのときに”夜食”として飲食したときの費用を部門経費で支払わせるのってどうよって思う今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか。(大人の事情でこの一文は削除される可能性があります。)  さて、会社での話ですが、ちょっと焦ってしまう話がありました。私が会社で使っているマシンは…

 さて、会社での話ですが、ちょっと焦ってしまう話がありました。私が会社で使っているマシンは仕事の都合上、
データベースサーバーが混在して入っているんです。Sybase社のSybase SQL AnywhereとMicrosoftのSQL
Server 2000です。仕事の内容の都合でSybaseのちょっと古いバージョンを入れていたんですが、
これまた都合によりほぼ最新(??)のバージョンを使うことになってしまったんです。

 ということで、SybaseのSQL Anywhereをアンインストールしました。それは良かったんですが、
とりあえず再起動します。すると何故か何もしていないはずのSQL Server2000のサービスの起動でエラーが発生します。
何かのファイルがないとのことだったな?覚えていませんが。SQL Server2000が使えないと、ある仕事ができなくなるんです。
いや、ある仕事ってできればやりたくないんで、それはそれでいいような気もしないでも無いんですが。
(^_^;)やむを得ず先ほどアンインストールしたSybase SQL Anywhereをインストールし直しました。無事、SQL
Server2000が起動するようになりました。

 そしたら次の問題が・・・ODBCアドミニストレータでシステムDSNを登録するのですが、ここでSQL
Server2000のデータベースへの構成変更ができなくなってしまいました。[構成]ってボタンをクリックすると何も出てこないんです。
更にSQL Server2000で作成しているデータソースの削除ができません。[削除]ボタンをクリックしても何も出てこないんです。
同様にデータソースの追加をしようとすると、SQL Serverに限っては作成画面が出てこないんです。それからSQL
Server2000もアンインストールしてインストールしてと試してもダメでした。というか今度はSQL
Server2000自体がインストールできないんです。
インストールした後にテンポラリフォルダに入ったプログラムを一時的にサービスな登録するらしいんですが、
そこでサービスに登録でないようなエラーメッセージが出て登録できないんです。

 ああ、困った。仕事にならない。いや、しなくていいんならそれでいいんだけど、そうなったらローンの返済ができない。
(^_^;)これはOS再インストールか・・・。これは面倒ですし、それになにより仕事で使うマシンだから面白くない。(^_^;)でも、
このまま闇雲に試す時間もないしやむを得ずOSを再インストールすることとしました。まずは、バックアップ・・・
ということでアプリケーションソフトの状態はできるだけ取っておきたいのでレジストリエディタを起動して設定をエクスポートさせることにしました。

 レジストリエディタで探しているとODBC設定関係の項目を見つけました。よく見てみるとSQL Serverの項目もあります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ODBC\ODBCINST.INI\SQL
Server

あれれ、ここにSQLSRV32.DLLという記述があります。
ひょっとしてこれがまともに動いていないんじゃないか?と思って、
まともに動いてる先日お話ししたCeleronのセカンドマシンを見てみます。ファイルバージョンは同じなんだけど作成日が違うんです。
2004/8/5という日付に対して、セカンドマシンの方は2004/8/18です。ひょっとしてこれかな?と思い、
念のためリソースファイルとなっているSQLSRV32.RLLというファイルと共にコピーしてみました。
するとなんとなんとODBCの設定ができるようになりました。SQL Server2000のインストールも正常にできました。

 さて、このSQLSRV32.DLLですが、日付が違うだけでバージョンは同じです。
バイナリで比較してみても日付以外は全く一緒なんです。一方、リソースファイルというSQLSRV32.RLLは違うものでした。
どうもリソースファイルの違いによって設定ができなかったのかと思っていますが、詳しい原因はわかりません。また、
ODBCの登録と別のマシンのデータベースサーバーとり通信もOKで、仕事はできますが本当にこれだけでいいかわかりません。

 そもそも、なんでこんな事になってしまったのか、SQL ServerとSybaseの因縁(??)にあります。SQL
Serverってのは元々はSybaseのデータベースエンジンなんです。有名な話なんだけどそんなこと忘れていました。
困っている私を助けてあげようとしたとてもとても慈悲深い伊原さんが調べて教えてくれました。ただ、SybaseをベースにSQL
Serverを作った話なんて昔のことで今は別物であるんでしょう。でも、
使っているライブラリのファイルネームは同じとか意外なところに問題があるのかもしれません。

 とりあえず、OSの再インストールをせずに済みそうです。「木沢さんの好きなOSのインストールですかぁ!?」
と鋭い(??)つっこみはありましたが。(^_^;)ますば命拾いです。

 

とりあえずインストールしたもの

MovableTypeをインストールしものをメモ書きで書いておきます。 MovableType 3.3J Perl 5.8 PostgreSQL 7.4.1 DBD-pg-1.42 DBI-1.48 URI-1.35 HTML-Tagset-3.10 HTML-Parser-3.55 libwww…

 MovableTypeをインストールしものをメモ書きで書いておきます。

  • MovableType 3.3J
  • Perl 5.8
  • PostgreSQL 7.4.1
  • DBD-pg-1.42
  • DBI-1.48
  • URI-1.35
  • HTML-Tagset-3.10
  • HTML-Parser-3.55
  • libwww-perl-5.64

ってところですね。意外と入れるものがありました。

次はいろいろとスタイルシートをいじってみますか。