翔べ!ガンダム

突然ですが、何となく機動戦士ガンダムの主題歌「翔べ!ガンダム」を今聴いています。いいですね。今のアニメの主題歌はアーチストの皆さんのプロモーションの場になってしまってこういう番組の内容にあった歌詞というのがあまりありません。
 特に、「銀河へー向かってー翔べよーガンダーム」というところがなんとも勇気が湧いてくるような。ってだけか。

指定席のキャンセル

またまた電車の中から書いています。これは本当に便利ですね。実は明日山口県の某所に出張予定だったんです。横浜から日帰りで。(^_^;)朝早く出ても、現地に着くのは午後1時で午後5時くらいまでに離脱しないと日帰りできません。いや、福岡に出て飛行機で帰ってくるという手もあるらしんいですけどね。
 ところが、今朝になって突然出張が取りやめになりました。これはこれでいいのですが、というより結構気が重かったのでホッとしているところですが・・・「JR東日本のサイトで予約した新横浜発のぞみ3号の予約はどうしよう」と思って、キャンセルの手続きをとります。キャンセルというか払い戻しとのことなんですが、ここで手数料がかかってしまいます。乗車日の前々日の21:00までだったら320円なんですが、それ以降は「指定料金ほかの30%(但し、最低320円は取る)」とのことでした。さすがに前日なので、30%取られてしまいます。新横浜から広島まで指定料金が7,000円ちょっとで、キャンセル料2,100円取られてしまいました。まあ、直前まで指定席をキープしているとJRにしても、予約したいお客さんにしても迷惑でしょうからキャンセル料を取られるのは仕方がないんですが。(^_^;)
 なんか、何もしていないのに出費があるのは悲しいです。

YAHOOメッセンジャー

Yahooを彷徨っていたら、YAHOOメッセンジャーのページに辿り着いてしまいました。以前入れていたのですが、何かでアンインストールしてそのままになっていました。折角なので入れてみることにします。また、ホームページに貼り付けてそこからメッセージを送ることもできるんですね。というわけで私のホームページにも貼り付けてみました。何か楽しみ。

ハードディスクレコーダー

こんにちは
電車の中からモバイルで書いています。いやいや、blogってのはなかなか便利なものですね。
今ハードディスク&DVDレコーダーがほしいなと思っています。ただ、本当に必要かと考えると難しいところですよね。ただ、私のようにビデオテープにだらだらと撮って後でなんとなく見る分には結構有効じゃないかと思っています。少なくともVHSの6時間という制限から逃れられて、必要な部分はDVDにダビングできるわけですから、これは便利かもしれません。
 今までは撮り貯めた番組なんかを、そのままにしておいてどこに行ったかもわからず別の録画したいものがあったら録画してしまうなんてこともありました。まあ、その程度なので大したものではないんですけどね。
 さて、とりあえず機種選定なんかをしています。候補は、SONYのPSX,すご録、PanasonicのDIGA、というところですかね。ただ、PSXはレビュー記事を見ていると私にはPlayStation2のゲームができる事以外は大して魅力に感じません。面白そうな機能を考えると、やはりSONYのスゴ録ですかね。キーワードを入れてEPGの情報から自動的に番組を録画してくれる機能は魅力ですね。例えば、「ガンダム」とか「釈由美子」(^_^;)とか入れればそれに関するものや出演している番組がある程度録画されます。
 あと欲しい機能は、2つチューナーを積んでいて同時間帯の二つの番組を同時に録画してくれる機能ですかね。今持っているいわゆる一つのダブルビデオはVHSとHi−8と別々に録画できるんです。だから、私がプロジェクトXを録画しながら奥様が火曜サスペンス劇場を録画するなんて事もできるんです。これは実は非常に重要だったりします。しかし、スゴ録にはその機能はないんですね。コクーンにはあるんですが、コクーンにはDVDレコーダが入っていません。いやー、PSXとコクーンとスゴ録を一つにまとめてくれませんかねぇ。(^_^;)
 というところで、今のところ最有力はスゴ録ですが、今ひとつ踏み切れないところがあります。悩みますねぇ。まあ、この悩んでいる間が一番楽しいんですが。(^_^;)

RedHat再び

Linuxでいろいろとやりたくて、ディストリビューションをフラフラと変えています。うーん、どれにしたらいいんでしょうね。というところで思ったのが、実際の使い方を考えるとソースを持ってきてコンパイルしてインストールするという使い方をするんでどれでもいいったらどれでもいいんです。TurboLinux10DeskTopの評価版を入れてみてなかなかいいなと思って製品版を買うことも検討したのですが、本当にそこまで使い込むかなぁ、ということと私はWindowsの代替えとなるデスクトップ環境まではLinuxには要求していないのでとりあえずフリーの環境で構築していきたいと思っています。まあ、気が変わればTurboLinux10を買っちゃうかもしれませんけどね。
 というわけで、RedHat9を入れようとしたら、インストーラのアナコンダ君がインストール時にFatal Errorを出してインストールが進まず、RedHat8に戻ってインストールしました。今思えばRedHat9をテキストベースでインストールしても良かったんですけどね。
 RedHat8は、X-Windows環境さえ立ち上がればいいので、それ以外のパッケージはほとんど入れていません。
入れたのは、X-WindowシステムとGNOME、カーネルソースとコンパイル環境、サーバーはFTPとTELNETのみ選択しました。httpdやデータベースやSambaはこれからソースをコンパイルして入れていきたいと思っています。といいつつ、なんかインストーラは勝手にsendmail何かをインストールしていますが。
 続きはまた今度。