Surface Laptop発表!!

マイクロソフトが教育関係の発表会を5月2日にニューヨークで行いました。この日はWindows 10のバリエーションの一つであるWindows 10 Sの発表を行いました。その中で低価格な教育市場向けのノートパソコンが各社から発売されることを発表しました。更に、マイクロソフトのSurfaceの新しいラインナップを発表しました。Surface Laptopです。

Surface Laptopは、教育市場向けと発表したWindows 10 Sをプリインストールしたクラムシェル型のノートパソコンです。従来のSurface ProやSurface Bookのように2 in 1のタイプではありません。純粋にノートパソコンの形をとっています。


スペックは下記のとおりです。(Microsoft Surface Laptop tech specsより)

項目 内容
CPU 第7世代 Core i5 / i7 (Kaby Lake)
メモリ 4GB, 8GB, 16GB
ストレージ SSD 128GB, 256GB, 512GB
モニタ 13.5インチ Pixel Sense Display
解像度 2256 x 1504 (201 ppi)
アスペクト比 3:2
10点マルチタッチ
Surface Pen対応
コーニング社ゴリラガラス 3
グラフィックス Intel HD620(Core i5モデル)
Intel Iris Plus Graphics 640(Core i7モデル)
サイズ 308.1 x 223.27 x 14.48 mm
重量 1.252kg
カメラ・ビデオ・オーディオ Windows Hello顔認証対応カメラ
720p HDカメラ(フロント)
ステレオマスク
Omnisonicスピーカー Dolby Audio Premium
インターフェース USB 3.0
ヘッドセットジャック
Mini DisplayPort
Surface Connect
Surface Dial対応(スクリーン外対応)
無線 無線LAN IEEE 802.11ac/11a/b/g/n
Bluetooth 4.0LE
OS Windows 10 S
但し、2017年12月31日までWindows 10 Proの無料アップグレード
Office 365 Personal 1年分ライセンス(日本国内では不明)
Burgundy
Platinum
Cobalt Blue
Graphite Gold

色は4色です。純粋にスタイリッシュなクラムシェル型のノートパソコンとして仕上がっています。また、キーボードはSurface Pro 4のオプションとしても用意されたイタリアのアルカンターラ素材を使っています。意外だったのはUSB Type-Cを採用していないことです。ここは採用した普及に弾みをつけて欲しかったところです。

 価格は$999からとなります。CPUやメモリ、ストレージによって価格が変わります。また、ボディの色は全てのバリエーションで対応していません。ラインナップを見る限りCore i5、メモリ 8GB、SSD 256GBの$1,299のモデルがメインとなりそうですね。色も赤、青、金はこのモデルしか選べません。

仕様 ボディーカラー 価格
CPU Core i5
メモリ 4GB
ストレージ SSD 128GB
グラフィックス Intel HD 620
Platinum $999
CPU Core i5
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
グラフィックス Intel HD 620
Burgundy
Platinum
Cobalt Blue
Graphite Gold
$1,299
CPU Core i7
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
グラフィックス Intel Iris Plus Graphics 640
Platinum $1,599
CPU Core i7
メモリ 16GB
ストレージ SSD 512GB
グラフィックス Intel Iris Plus Graphics 640
Platinum $2,199

5月2日から予約開始でモデルによりますが6月15日より出荷とのとこです。但し、例によって日本での発売は未定です。きっと発売はしてくれるでしょう。

私のように「普通のノートパソコンが欲しい」という方にはいいモデルではないかと思います。