はじめてのAzure Sphere (4) Azure Sphereテナントの設定

Azure Sphereテナントを作成します。Azure Sphereのコマンドラインツールを使って作成します。




  1. Azure Sphere Developer Command Prompt Previewを起動します。


  2. azsphere login」と入力します。
  3. アカウント選択画面で前回作成したAzure ADのアカウントをクリックします。


  4. サインインします。アカウントを確認して[次へ]ボタンをクリックします。

    (すみません、下記の図は前回作成したアカウントと異なりますが、読み替えてください。実際は前回作成したアカウントを入れてください。)


  5. パスワードを入力します。

    アカウント作成時に自動生成されて控えておいたパスワードを入力します。[サインイン]ボタンをクリックします。


  6. パスワードを更新します。

    初回のみパスワードを変更します。アカウント作成時に自動生成されて控えておいてパスワードと新しくパスワードを決めて入力します。[サインイン]ボタンをクリックします。


  7. アクセス許可します。[承諾]ボタンをクリックします。


  8. ここでAzure Sphere開発ボードをUSBで開発PCと接続してください。
  9. Successsfullyと表示されればOKです。既にOffice 365 for BusinessなどでAD環境下にある方は次のようなワーニングメッセージが出ますが、無視していいです。また、テナントも作成されていないのでワーニングメッセージが出ます。(問題ありません。)


  10. テナントを作成します。

    azsphere tenant create –name テナント名」と入力してください。テナント名は任意の文字でいいです。

    テナント名にスペースが入る場合はダブルクォーテーションで囲ってください。

    エラーが出なければOKです。

  11. azsphere tenant list」と入力してください。リストが表示されれば、Azure Sphereテナント作成成功です。


連載「はじめてのAzure Sphere」はこちらをご覧ください。
はじめてのAzure Sphere (1) Azure Sphereのボードを買う!!
はじめてのAzure Sphere (2) Visual Studio 2017とAzure Sphere SDK for Visual Studioのインストール
はじめてのAzure Sphere (3) Azure Active Directoryテナントの設定
はじめてのAzure Sphere (4) Azure Sphereテナントの設定
はじめてのAzure Sphere (5) デバイスの登録
はじめてのAzure Sphere (6) マイコンボードでLチカしてみる