ファイル共有しているユーザーを強制切断する方法

Windowsのファイル共有機能などで他のPCから接続しているユーザーを強制的に切断する方法です。



Windows Serverなどでサーバー上のファイルをアクセスしていることを強制的に切り離す方法です。先日、こんなことがありました。ある方がファイルサーバー上のファイルを開いたまま帰ってしまいました。そのファイルをどうしても編集しなければならず、そのユーザーまたはとりあえず今接続しているユーザーをすべて切り離そうと思いました。(まあ、小規模なサーバーなので影響が少ないこともあるのですが)かといってOSを再起動するような乱暴なことはしたくありません。

net sessionコマンドを使います。管理者権限でコマンドプロンプトを開き

net session

と入力します。今サーバーにアクセスしているユーザー(というかコンピュータ名)の一覧が出てきます。

特定のユーザー(PC)を切り離したい場合は

net session コンピュータ名 /delete

と入力します。コンピュータ名がKIZAWA-PCであれば\\KIZAWA-PCと指定すればいいです。

また、すべてのPCを切り離したい場合はコンピュータ名を指定せず

net session /delete

と入力すればすべてのユーザー(PC)が切り離されます。

まあ、あまり乱暴なことはしたくないのですが、やむを得ない時に使っています。