Category Archives: アプリケーション

メモ帳に自動的に日付を入れる

メモ帳に自動的に日付を入れる方法です。

メモ帳を開いて一行目に

.LOG

と入力します。ここで名前を付けて保存します。

image

そして、保存したテキストファイルをメモ帳で開きます。開いた時の日時が自動的に追加されます。

image

そしてまた保存して閉じてメモ帳で開きます。

image

また開いた時の日時が自動的に追加されます。

メモ帳(Notepad)で保存時にタイムスタンプを自動的に記録する

Windowsは変わっても相変わらずスタイルは変わらないメモ帳(notepad)ですが、知らない裏技がありました。

保存するときに自動的にテキスト文書の末尾に保存時のタイムスタンプを記録してくれるんです。

やり方は簡単。作成する最初の行に .LOG (ピリオドとLOG)を半角大文字で入力しておくだけです。

image

保存して、再度メモ帳で開くと、下記のように保存した時のタイムスタンプが記録されます。

image

再度編集して保存されると、またタイムスタンプが追加されます。

image

是非試してみてください。

VVAULTを試しています

今まで使っていたハードディスクってありますよね。容量が160GB、250GB、320GBというものがあると思います。容量の単位がTBクラスになって新しいハードディスクを買うと意外と活躍の場がなくなります。もちろん、消費電力や速度のことを考えると切り替えていったほうがいいのかもしれません。でも、まだ壊れていないので使いたい。また、今となってしまっては細切れになってしまったこれらの容量のハードディスクはまとめて一つにできればいいですね。Windows Home Serverにはドライブエクステンダーという機能がありました。また、Windows 8やWindows Server 2012以降では記憶域プールという機能で複数のハードディスクを一つの大きなハードディスクにみせる技術があります。

サードパーティーではVVAULTという製品があります。これはドライブエクステンダーの代替ソリューションとも呼ばれています。対応OSは、Windows XP/Vista/7/8/8.1,Windows Home Server,Windows Server 2003 R2,2008/2008 R2/2012/2012 R2です。

VVAULT 無料で使えるストレージ仮想化ソフトウェア

ちょっと試してみました。試すというかそのまま導入して使っています。このVVAULTという製品には下記の機能があります。

  1. 複数のディスクをまとめて一つの大きなディスクを構成できる。
    ディスクはハードディスクだけではなく、半導体メモリやネットワークドライブも対応できます。
  2. ディスクの追加ができて容量を増やすことができる。
  3. 構成するディスクの速度に合わせて利用頻度の高いファイルをより高速なディスクに配置する。(ティアリング)
  4. 稼働中でもデータの移行中でも処理を待つことなく目的のファイルにアクセスできる。(ライブマイグレーション)
  5. 稼働させたままバックアップとリカバリができる。(ライブバックアップ)
  6. 異なるPCをLAN経由またはインターネット経由でデータの同期・バックアップが取れる。(レプリケーション)
  7. バックアップの世代管理ができ、任意の時点でのファイルを復元することができる。(タイムマシン)

VVAULTは、いくつかのエディションがあり無料版と有料版があります。有料版は525円/月から用意されています。無料版にも二種類あり、ダウンロードしただけで無料で使えるBasicとユーザー登録をして無料のライセンスコードを取得して使えるPersonalがあります。各エディションの違いは下記のリンクを参照してください。

http://vvault.jp/purchase/index.html

個人用途ではBasicとPersonalで十分かと思います。私はPersonalを使っています。

設定はとても簡単で、設定画面はWebブラウザを使って行います。簡単に言ってしまうと仮想のディスク(VVAULTではマスターディスクと呼んでいますが)を構成するためのハードディスクを選んで(システムに追加)するだけです。とりあえず160GB(実効値153GB)、250GB(実効値232GB)のハードディスクをVVAULTでまとめて386GBの仮想ディスクを作成しました。また、追加するディスクはフォルダ単位で追加でき、VVAULTに割り当てる容量も制限できますのでディスク丸ごとではなく別のハードディスクの使っていない一部を組み込むことができます。

ご興味のある方はぜひ使ってみてください。追ってレポートしたいと思います。

VVAULT 無料で使えるストレージ仮想化ソフトウェア