Category Archives: Team Foundation Service

Team Foundation Serviceを使ってみる(3) Visual Studioからの利用(2)

Team Foundation Serviceの第三回目です。前回まではTFS管理下のプロジェクト作成からローカルの開発フォルダのマッピングまで行いました。今回は、実際運用する方法を見てみます。

ソースコードをサーバーに登録

一般的にソース管理システムでは、サーバーからソースを取り出すのをチェックアウト、サーバーにソースを入れるのをチェックインとしています。

まずはサーバーに登録するのでチェックインします。前回追加したプロジェクトは下記のように[追加]という状態になっています。

チームエクスプローラから保留中の変更を選択します。コメントを入れてチェックイン(I)リンクをクリックします。

チェックインするとソースは下記のように[追加]がなくなります。

次にソースを修正してみます。ここではMainPage.xamlを書き換えてみました。すると下記のように変更したソースが[編集]と状態が変わります。

サーバーに管理されているソースと今回編集したソースの比較ができます。調べたいソースを右クリックしてメニューから比較(C)を選択します。

下記のように比較対象が表示されるので[OK]ボタンをクリックします。

下記のように変更した部分が色分けして表示されます。

再びチェックインするには上記の様にチームエクスプローラからチェックイン操作をします。

ソースコードをサーバーから呼び出す(チェックアウト)

では、ソースコードをサーバーから呼び出してみます。実際の開発現場を想定して、一旦Visual Studioを終了させて他の開発者として別のマシンで編集します。別マシンでTeam Foundation ServiceにログインしてVisual Studioを起動します。するとKizawaTestProjectはマッピングされていない状態になっています。最初のプロジェクトを作成した時と同じようにローカルフォルダをマッピングすれば、チェックアウトとしてサーバーから指定したローカルフォルダにソースがダウンロードされます。ここで、MainPage.xamlを編集することとします。一旦ここで、チェックインします。

では、元のマシンに戻ってきましょう。他のマシンで編集されている内容をフィードバックしなければなりません。他のマシンで編集された場合は下記のような表示になります。

変更されているMainPage.xamlを右クリックして、最新バージョンの取得または編集用にチェックアウトするとサーバーからローカルにダウンロード(チェックアウト)されます。

また、複数のファイルまたはもれなくプロジェクトを更新する場合はプロジェクトのフォルダを右クリックして最新バージョンの取得または編集用にチェックアウトするとサーバーからローカルにダウンロード(チェックアウト)されます。

これで最新の状態で開発が継続できます。

まずは、Team Foundation Serviceを使った最低限のソース管理ができました。まだまだ勉強不足なところがありますので、これからも追って書いていきたいと思います。

今回はホビープログラマーでもソースを書いて気に管理したいという視点で記事を書かせていただきました。より専門知識を身につけたい方は日本マイクロソフトの長沢さんのブログをご覧になられることをお勧めします。

Team Foundation Serviceを使ってみる(2) Visual Studioからの利用

Team Foundation Serviceのお話の二回目です。前回まではTeam Foundation Serviceでアカウントを作り、プロジェクトの作成まで行いました。今回はVisual Studioから実際に使ってみます。

Open new instance of Visual Studioリンクをクリックします。

許可します。

Visual Studioが起動します。チームエクスプローラが出てきます。Visual StudioのTeam Foundation Service / Team Foundation Serverはチームエクスプローラから管理します。

チームエクスプローラから「ソース管理エクスプローラー」をクリックします。

前回TFS上で作成したプロジェクトは、ハードディスク上の度のフォルダとも関連付けがされていません。ここで、実際開発を行うハードディスク上のフォルダ(ローカルパス)とTFSのプロジェクトの関連付け(マッピング)を行います。ローカルパス-「マップされていません」のリンクをクリックします。

ローカルフォルダーを指定します。ここはまだ空で構いません。[マップボタン]をクリックします。

ここでローカルフォルダーを指定して、[はい]ボタンをクリックします。

ローカルパスに指定したフォルダーが設定されています。

ここでマッピングしたフォルダにプロジェクトを作成します。新しいプロジェクトから新しいソリューションを作成します。今回はWindowsストアアプリを作成してみます。ソリューションの作成場所にマッピングしたフォルダを指定します。

追加したプロジェクトが確認できます。

ここでコーディング・デバッグなどソフト開発をします。

次回は、実際運用してみます。

Team Foundation Serviceを使ってみる(1)お一人様ご案内

私は個人でアプリケーション開発をしています。Windows Phoneアプリとか最近はWindowsストアアプリにも挑戦しています。大抵は一つのマシンで開発をするのですが、状況によりノートパソコンなどで開発する場合もあります。その場合今まではソースコードをメインのデスクトップマシンからコピーしてノートパソコンに持っていき編集したらメインのデスクトップパソコンに戻していました。(正確にはメインのデスクトップパソコンのファイル共有させて、そこに戻す、という感じですね。)それではどこかで修正漏れとかが起きてしまいます。そこでマイクロソフトのTeam Foundation Serviceを使うこととしました。本来はもっといろいろな開発の管理ということに使えるんですが、まずはソースコードの一元管理として必要な部分だけを使わせてもらうこととします。

Team Foundation Serviceはクラウド上で動くTeam Foundation Serverを実現するものです。機能の制限はありますが、個人や少数規模のチームで使うには十分といえます。以下、TFSと略させていただきます。

今回から三回に分けてTFSについてお話をさせていただきます。クラウド上にあるソースコードをローカルディスクに持っていき、編集してアップロードして、別のマシンでまたデバッグする、という活用方法までお話ししたいと思います。さらに突っ込んだ使い方は追々勉強しながらお話ししたいと思っています。

Team Foundation Serviceにサインアップ

まずは、下記サイトにアクセスしてサインアップします。

http://tfs.visualstudio.com/

まだアカウントを作成していなければ、Sign up for freeをクリックしてアカウントを作成してください。

マイクロソフトアカウント(旧Windows Live ID)と希望するTFSのURLを入力します。

これで使えるようになりました。あれ?New Team Project + Gitというのができていますね。

とりあえず、New Team Projectをクリックしてみましょう。プロジェクト名は任意のものを入力します。今回はProcess templateとVersion controlはデフォルトのままとします。Gitは興味ありますのでこれはまた後ほど。Create Projectボタンをクリックします。

プロジェクト作成中です。

プロジェクトが出来上がりましたのでNavigate to Projectをクリックします。

これでTFSを使う準備は完了です。次は実際Visual Studioから使ってみます。

続きます。