Monthly Archives: 11月 2014

Internet Explorerで既定の検索サイトをGoogleにする

Internet Explorerのデフォルトの検索サイトはBingです。検索したいときはアドレスバーに直接入力できます。こんな感じでBingが出てきます。

でも、ちょっとGoogleな気分な時はどのようにすればいいかですね。まあ、マイクロソフト的にはこういう事例紹介がいいのかわかりませんが。方法はいくつかあるのですが、アドレスバーに何か文字を入れます。

[追加]リンクがあるのでクリックします。Inbernet Explorerギャラリーのページが出ます。

アドオンのリンクをクリックします。Googleのアイコンが出てこない場合は、検索ボックス(下図の赤枠)がありますので、”Google”と入力して虫眼鏡ボタン(??)をクリックします。

Googleウェブ検索が出てくるので[Internet Explorerに追加]をクリックします。

もういっちょ[Internet Explorerに追加]をクリックします。

[既定の検索プロバイダーに設定する]のチェックを入れます。[追加]ボタンをクリックします。

これでGoogleが既定の検索サイトに設定されました。

GoogleもBingも検索結果が違うので使い分けるのもいいかと思います。


メモ帳(Notepad)で保存時にタイムスタンプを自動的に記録する

Windowsは変わっても相変わらずスタイルは変わらないメモ帳(notepad)ですが、知らない裏技がありました。

保存するときに自動的にテキスト文書の末尾に保存時のタイムスタンプを記録してくれるんです。

やり方は簡単。作成する最初の行に .LOG (ピリオドとLOG)を半角大文字で入力しておくだけです。

image

保存して、再度メモ帳で開くと、下記のように保存した時のタイムスタンプが記録されます。

image

再度編集して保存されると、またタイムスタンプが追加されます。

image

是非試してみてください。

Internet Explorerでクリップボードにコピーした文字列をすぐに検索するキーボードショートカット

Inetrnet Explorer(9以降)でクリップボードにコピーしたキーワードをすぐに検索する方法を書きます。

  1. 検索したい文字列をコピーする。(文字列を選択して CTRL+Cなど)
  2. Interner Explorerで CTRL+Shift+Lを同時に押す。
  3. 既定の検索Webサイトでの検索結果が出てくる。

Webブラウザ上では文字列を選択して右クリックしてメニューからGoogleで検索とかやればできますが、WordやPDFなどからコピーしたキーワードをいちいち検索ボックスに貼り付けるのはめんどうですよね。そんなときにこのショートカットを使ってみてください。