Monthly Archives: 8月 2015

Windows 10 Insider Build 10532でCortana日本語版登場!!

Windows 10のInsider PreviewでBuild 10532が出ました。このアップデートの中には音声アシスタントのCortana(コルタナ)日本語版が入っています。

Build 10532にアップデートすると画面左下の検索ボックスが「何でも質問してください」に変わります。

image

検索ボックスをクリックすると下記のようにコルタナが出てきます。

image

スケジュールや天気予報など表示してくれます。

では、検索ボックス右側のマイクのアイコンをクリックすると音声入力を受け付けてくれます。「明日の予定は?」とか「9月26日の予定は?」などスケジュールを聞くと答えて表示してくれます。

「9月26日の予定を教えてください。」

下記の内容をすべて音声でしゃべってくれます。
image

会話としてはどうでしょうか?

「こんにちは」

「こんにちは。何かお手伝いできることはありますか?」
image

「こんばんわ」

「今日もお疲れさまでした。」
image

・・・なかなか気が利きます。

みなさん試されていますが「年齢は?」はいろいろと答え方にパターンがあるようです。(これはほんの一部です。)
image

image

image

最後にお礼を言いましょう。「ありがとう」
image

今後に期待できますね。

この他にも「PowerPoint起動」とかでPowerPointを起動してくれたりと、いろいろと答えてくれます。ただ音声認識はSiri程完成度は高くなく、音声合成も最終版ではないとのことです。また、ほとんどの言葉がBingのWeb検索に回されてしまいます。フィードバック機能がありますので、どんどんフィードバックしていきましょう。

また、設定により「コルタナさん」と言うとCortanaが自動的に起動してくれます。「コルタナさん」と言った後に何か聞くといった感じです。「コルタナさん?明日の予定は?」という感じです。この機能を使うとなんか会話してくれる気分になります。

image

今後に期待したいですね。

Windows 10でファイル履歴を使う

Windows 10ではファイルの履歴をバックアップする機能があります。ファイルをバックアップするだけではなく、ファイルを更新した場合過去の更新に戻すこともできます。

早速設定してみます。

  1. スタートメニューから[設定]を選択する。
  2. [更新とセキュリティ]を選択する。
  3. [バックアップ]を選択する。
  4. ファイル履歴を使用してバックアップから[ドライブの追加]を選択する。
    image
  5. ファイル履歴を使用してバックアップから[ドライブの追加]を選択する。
  6. ドライブを選択する。(ここでは外付けUSB接続ハードディスク)
    image
  7. ファイルのバックアップを自動的に実行が[オン]になっていることを確認する。
    image
  8. エクスプローラでバックアップ先のハードディスクにFileHistoryというフォルダが作成されているのを確認する。
    image

バックアップのオプション設定

  1. ファイル履歴のバックアップ(上記項番7参照)で[その他オプション]のリンクをクリックする。
  2. バックアップのオプションが表示される。
    image
    ここで設定できるのは下記の通り。
  • ファイルのバックアップの実行間隔
    10分、15分、20分、30分、1時間(既定値)、3時間、6時間、12時間、毎日
  • バックアップの保持期間
    領域が足りなくなるまで、1か月、3か月、6か月、9か月、1年、2年、無制限(既定値)
  • バックアップの対象フォルダー
    ライブラリに設定している個人のフォルダ(マイドキュメントなど)が保存されますが、バックアップから除外することもできます。




Microsoft Edgeの既定の検索プロバイダを変更する

Windows 10から導入されたマイクロソフトの新しいWebブラウザMicrosoft Edgeで既定の検索プロバイダを変更する方法です。標準ではBing.comになっていますが、Googleにしたい方もおられると思います。

  1. まず検索に使いたい検索サイトをEdgeで表示させます。(これ重要)
  2. Edgeの[設定]を開く
    image
  3. [詳細設定を表示]をクリックする。
    image
  4. アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダーから変更したいプロバイダーを選択する。
    image
    このリストに出てこない場合は、下記の方法で設定します。例として、Yahooを既定の検索プロバイダーにしてみます。まず項1でEdgeでsearch.yahoo.co.jpを表示させてください。
  5. <新規追加>を選択します。
    image
  6. search.yahoo.co.jpを選択して、[既定に追加]をクリックします。(一度Edgeで検索プロバイダー(この場合はYahoo)を開かないとこのリストに表示されません。)
    image

これでアドレスバーに文字入力した場合の検索プロバイダーを変更することができます。検索プロバイダーはwikipediaとかtwitterとかも指定できます。