Windows 10を新元号「令和」に対応させてみる

2019年4月1日に新元号「令和」が発表されました。Windows 10ではApril 2018 Updateで新元号に対応できるようになっています。こちらについては私のITmediaオルタナティブブログでも書いています。

Windows 10の新元号対応 「宇宙世紀」には対応できるのか!?




では実際に、新元号「令和」を入れてみましょう。

こんな感じになります。

レジストリエディタで下記の場所に値を入れます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras

名前を2019 05 01でデータは文字列で「令和_令_Reiwa_R」とします。

これだけです。Windowsの再起動の必要はありません。

まずは、Windowsの日付を「西暦2019年5月1日」にしてみましょう。設定から、[時刻と言語]-[日付と時刻]で[時刻を自動的に設定する]をOFFにして[日付と時刻を変更する]の[変更]ボタンをクリックします。

表示を和暦にしてみましょう。

設定から、[時刻と言語]-[地域]の[関連設定]の[日付、時刻、地域の書式設定]をクリックします。[データ形式を変更する]をクリックします。カレンダーを「和暦」に変更します。

時刻からカレンダーを見てみましょう。「令和」になっています。

Outlookなどでも2019年5月1日に送受信したメールがあればメール一覧の日付に「令和」と表示されます。

このまま日付の変更画面を見てみましょう。平成31年は4月までしか選択できません。

令和1年は5月以降しか選択できません。

実際試された方。設定は元に戻しておいてください。