Surface Studio発表

2016/10/27にニューヨークで開催したマイクロソフトのハードウェアイベントでマイクロソフト初のデスクトップパソコンSurface Studioを発表しました。

Surface Studioは一体型のデスクトップPCです。AIO(All In One)PCと呼ばれるカテゴリにります。モニタサイズは28インチで解像度は4500×3000ピクセルです。A4サイズのドキュメントが横に二枚並べられます。もちろんタッチパネル対応で、10点タッチパネルにSurfaceペン対応です。モニタの厚さは12.5mmの薄型モニタです。このモニタは倒すことができます。水平面に20度また、指先一つで倒すことができます。製図をするドラフターのような感じですね。この構造はゼログラビティ・ヒンジと呼んでいます。

プロセッサは第6世代のCore i5とCore i7です。メモリは8~32GB、ストレージは1TBまたは2TBのハイブリッドトライブになります。モデルは三種類用意されます。

  • CPU Core i5、メモリ8GB、ストレージ ハイブリッドドライブ 1TB、GPU nVIDIA GeForce GTX 965Mで価格は$2999
  • CPU Core i7、メモリ16GB、ストレージ ハイブリッドドライブ 1TB、GPU nVIDIA GeForce GTX 965Mで価格は$3499
  • CPU Core i7、メモリ32GB、ストレージ ハイブリッドドライブ 2TB、GPU nVIDIA GeForce GTX 980Mで価格は$4199

用途としてはクリエイター向けと言えるでしょう。デスクトップマシンとしてキーボードとマウスを使って文書を作成したりというより、モニタに直接図面や絵を描くことに向いています。

Surface Studioはハイエンドのクリエイター向けのPCと言えるでしょう。iMacの対抗機という言われ方をしますが、カテゴリは異なります。日本発売はまだ未定です。実機は触ってみたいです。

・・・なんかVAIO Tap 21というPCが以前ありましたが。

Windows 10 Mobile端末 NuAns NEO

Windows 10 Mobile端末NuAns NEOを買いました。

Windows Phone系のスマートフォンは、HTC 7 Trophy、IS12T(シトラスとマゼンタ)、Lumia 800、MADOSMAに続き通算6台目となります。

日本市場における不遇のWindows Phoneと国内再登場の背景

日本国内市場でのWindows Phoneは不遇の時代が続きました。Windows Mobileを再設計したWindows Phone 7はマイクロソフトから発表があったものの国内では発売されず、個人輸入はできたものの技適か通っていなかったために電波を出すことができませんでした。ようやくauからIS12Tが発売されましたが、国内市場ではかなり厳しいものがあり、最後に聞いた数字として累計出荷台数12万台と聞いています。以降、国内からはWindows Phone端末が出ることはありませんでした。日本マイクロソフトでは社員向けに限定で技適を通してLumia 830を使い始めましたが、一般には解放されていません。2014年にマイクロソフトがWindows Phoneに関連して下記の発表をしました。

  • 9インチ未満のWindows端末のライセンス料無料
  • ハードウェアの要件を大幅緩緩和
    Windowsハードウェアホームボタンやカメラのシャッターボタンの義務付け不要
  • Qualcommリファレンスデザインでの動作

更に、マイクロソフトはODM(Original Desined Manufacturering)ベンダーに対してサポートを行い、提供メーカーに対してODMベンダーを紹介する手厚いサポートを始めました。このODMベンダーは主に深センなどにある中国のメーカーであり、CTE(China Technology Ecosystem)と呼ばれています。

これがWindows Phone端末の提供を加速させました。そして、国内市場ではMVNOによる格安SIMの展開でキャリアから発売されなくても技適さえ通れば端末を発売できるようになり、商品提供が加速されたと言えるでしょう。

道具としてのアプローチ

そして、マウスコンピュータのMADOSMAを皮切りに国内でWindows PhoneそしてWindows 10 Mobile端末が発売されました。各社の端末でトリニティのNuAns NEOは違うアプローチで端末を開発・提供しているといえます。もちろん各社はそれぞれの考えで端末を提供していますが、リファレンスデザインからODMベンダーの既開発品をそのまままたは日本市場に合わせて提供しています。NuAns NEOはいわゆる買い物をするわけではなく、「生活の一部として使う道具」としてスマートフォンの在り方から考えてデザインされました。

特徴的なのは、11.3mmという厚さと側面を曲面にした持ちやすいボディでしょう。そして、背面カバーは上半分とした半分が交換できるようになっておりオリジナルのデザインを持てることです。このカバーも、テナージュと呼ばれる木材と、人口皮革のクラリーノ、手触りがいいウルトラスエードの三種類が用意され、カラーバリエーションもあり8種類用意されています。上下で64種類の組み合わせとなります。

また、ハードウェアとしてのパフォーマンスも優れておりプロセッサにSnapdragon 617を採用しています。今までの端末はSnapgragon 210/410が多く採用されていました。ハイエンド(プレミアムという言い方もしていますが)としてはSnapgragon 800/810がありますが、マイクロソフトのLumia 950/950 XLでは採用されていますが、国内では発売されていません。Snapgradon 617を採用した端末はNuAns NEOが世界初となります。そして一番の特徴はモニタと外部接続するとデスクトップパソコンのように扱うことができるContinuum機能をサポートしていることでしょう。この機能はiPhoneやAndroidに大きく後塵を拝しているWindows 10 Mobile端末にとって最後の切り札といえる機能でこの機能が使えるということは非常に重要と言えるでしょう。

また、インターフェースに国内では初めてとなるUSB Type-C、無線LANはIEEEE 802.11acを採用するなど従来の端末とは一線を画す仕様となっています。

購入を決めた理由

私はWindows 10 Mobile端末としてはMADOSMAを使用しており、上位モデルとしてはVAIO株式会社のVAIO Phone Bizに注目していました。VAIO Phone BizもプロセッサにSnapgradon 617を採用しておりContinuum機能を使うこともできます。何よりもパソコンからVAIOファンですので購入の有力候補でした。ただ、Windows 10のアプリを開発するための「開発機」としての要素が強くMADOSMAだけ持っていればいいかと考えていました。キャリア契約としてはiPhone 6もありますからね。

でも、NuAns NEOはそれまでの端末としては違うアプローチで開発されたもので、その過程でWindows 10 Mobileを採用したものであり、道具として真に使えるものは何かという視点を持った場合、この端末は実際に持って使い込むべきものではないかと思い、Windows 10 Mobileの在り方を考える上で必要なものではないかと考えました。そして、購入を決めました。(そのために手元のものをいろいろと売却予定ですが。)

買いました!!と開封の儀

NuAns NEOはヨドバシカメラやビックカメラのような家電量販店では取り扱っていません。ロフトや直販サイトでの購入となります。実際、カバーを取り付けて試したかったこともあり実店舗で買うことにしました。横浜のロフトに行きました。

売り場ではすべてのカバーとフリップケースが展示してあり実際に取り付けて試すことができます。私は売り場を占有して(^_^;)着せ替えごっこに励みました。結局、上のカバーはダークウッドと下のカバーはウルトラスエードのグレーにしました。

ケースもとっても特徴的です。紙の素材でできており、貯金箱としても使えるように上部に500円玉が入る穴が開いています。

液晶画面は非常に見やすいです。指紋も付きにくく、ある種の高級感が漂っています。

SIMの設定画面です。国内展開しているSIMのデータばほぼプリセットされおり、選ぶだけですぐに使えるようになっています。私はBICSIMなのですが、母体はIIJmioなのでIIJmioを探そうとしたらBICSIMの項目があり驚いてしまいました。これなら迷うことはないでしょう。

すぐに使えるようになりました。

手取った時の感想ですが、とにかく持ちやすくて手にしっくりとくることです。高級感もあります。高級感があると今度は落としてしまわないかというプレッシャーを感じてしまうですが(iPhone 6なんかそうですね)NuAns NEOは高級感がありながらも、持っていてむしろ安心を感じる端末といえます。ストラップホールもあり、これも安心できます。ストラップについてはNuAns NEO用があるのですがロフトでは販売されていなかったので

更にパフォーマンスはかなりよく、快適に使えます。Snapgrdon 410の機種ではアプリの起動や切り替えなどに一呼吸置くことがあり、iPhone 6と比べて見劣りがしてしまうことがあるのですか、NuAns NEOではそのようなことはなく、持ちやすさとも合わせてかなり快適に使うことができます。Windows 10 Mobile端末はこのスペックのものをお勧めします。

NuAns NEOはWindows 10 Mobile端末の良さを改めて認識させられる端末ではないかと考えています。価格は本体が39,800円とカバーが1,400~1,600円でこれが二枚ですので、購入価格としては税込みで46,000円ちょっととなります。1~2万円で購入できる端末もありますが、本気でWindows 10 Mobile端末を使いたいのであれば、ここまで投資する価値はあると思います。お勧めしたい端末です。

この後も、Windows 10 Mobileの各機能について書いていきたいと思っています。




Windows 10システムイメージのバックアップ

ちょっとメモ書き。Windows 10のInsider Previewのインストールのため万が一(最近万が一ではないが)システムのバックアップはとっておきたいところです。その方法。

スタートメニューから[設定]を選択。

「更新とセキュリティ」を選択。

image

バックアップを選択して[バックアップと復元]に移動(Windows 7)を選択。

image

システムイメージの作成作成を選択。

image

バックアップ先を選択して、[次へ(N)]をクリックします。

image

バックアップ元を選択します。ここではシステムだけバックアップをとるので設定済みの内容のままでいいでしょう。

image

[バックアップの開始]をクリックします。バックアップを開始します。

image

システムイメージのバックアップ中です。

image

Windows 10でコマンドプロンプトが文字化けする

Windows 10でコマンドプロンプトが文字化け(正確には日本語表示しない)してしまいます。

image
あら?

コマンドプロンプトのタイトルバーを右クリックして、メニューからプロパティを選択します。

image

フォントタブを選択して、フォントをMS ゴシックに選び直します。

image

日本語表示するようになりました。

image

もしうまくいかない場合は、一旦ラスターフォントにして[OK]ボタンをクリックしてから、再度MS ゴシックを選択するといいようです。




Windows 8サポート終了へ

マイクロソフトのOSのサポートライフサイクルポリシーではWindows 8のサポートが2016年1月12日に終了します。これはセキュリティーパッチの更新が終了するものです。この先サポートを受けるにはWindows 8.1またはWindows 10のアップグレードが必要になります。Windows 8.1にアップグレードした場合は延長サポートとして2023年1月10日までサポートされます。Windows 8はWindows 8.1一般公開後の24か月後となります。https://support.microsoft.com/ja-jp/lifecycle#Microsoft-Windows-81

Windows 8.1へはストアからダウンロードしてアップデートできます。

Windows 8からWindows 8.1にアップデートする。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/update-from-windows-8-tutorial

というよりは、Windows 8.1にアップデートしたらWindows 10にアップデートするというのが現実的ですね。

Inernet Explorerのサポート期限

2014年8月14日にマイクロソフトがInetrnet Exploereのサポートポリシーを変更しました。内容は、Inetrnet Explorerのサポートを「そのOSで稼働する最新のIEのみとする」というものです。施行開始は2016年1月12日(米国時間、日本時間だと1月13日)です。サポートがなくなると技術サポートとセキュリティーアップデートがなくなります。特にセキュリティーアップデートがなくなるとマルウェアの感染など非常に危険な状態となります。

OSごとでは下記の通りとなります。Windows Vista SP2についてはIE9となります。Windows Vista SP2は2017年4月11がサポート期限となり、この日まではWindows Vista SP2上で稼働するIE9はサポートされます。

  • Windows Vista SP2 => IE9
  • Windows 7 => IE11
  • Windows 8.1 => IE11

企業では多くのところでIE8が使われています。私もそうでした。IE11へのアップデートが進められていることと思いますが、個人でもアップデートするようにしましょう。

Internet Explorerサポートポリシー変更の重要なお知らせ
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/iesupport/

Windows 10デバイスの発表会(その3 Surface Book)

Windows 10デバイスの発表会(その2 Surface Pro 4)の続きです。

Surface Pro 4の発表の後、まだ発表は続きました。

”We make Surface Book.”

Surface Bookの発表です。ついにマイクロソフトからクラムシェル型のノートパソコンです。主なスペックは下記の通り。

  • 画面は、13.5インチ。解像度は、3000×2000ピクセル
  • プロセッサは、インテル第6世代Coreプロセッサ
  • グラフィックプロセッサはnVidia GeForce(搭載モデルによる)
  • メモリは、GDDR5 8GB、16GB
  • ストレージは、128GB、256GB、512GB更に1TBも用意する
  • キーボードは、アイソレーション式のバックライト付き。
  • トラックパッドは、ガラス製の5点タッチ
  • バッテリーは12時間稼働可能

ヒンジ部分は、キャタピラーのようになっているDynamic Fullcrum Hingeという無段階ヒンジです。閉じると楔形の形になります。

更にその後にSurface Bookビデオが再度上映されます。そこで衝撃の映像が!!モニタ部分が取り外せます。実は2 in 1タイプのノートパソコンだったんですね。パネル部分だけでもタブレットとして使えますし、外したパネルはひっくり返して装着すればタブレット形態としても使えます。

お値段は$1499から、最上位モデルはCore i7、SSD 512GB、メモリ 16GB、nVidia GeForce搭載モデルで$2699です。この最上位モデルは初回予約で完売になったそうです。

ということで、すべての発表は終わりました。Surface Bookはノートパソコンのプレミアムソーンを狙うとのことですが、ペースカーとしての役割も果たすでしょう。各デバイスメーカーにも期待したいところです。

Windows 10デバイスの発表会(その2 Surface Pro 4)

Windows 10デバイスの発表会(その1 Hololens、Band 2、Lumia)の続きです。

Surface Pro 4

噂されていたSurface Pro 4が発表されました。冒頭Surface Pro 3の話が続き「焦らすな~」と思ってみていました。そしてついにSurface Pro 4の発表です。Surface Pro 4の概要です。

  • 画面サイズは、12.3インチ(Pro 3は12インチ)
  • 解像度は、2736×1824ピクセル(Pro 3は2160×1440ピクセル)
  • プロセッサは、第6世代Coreプロセッサ(Skylake) Core M3/i5/i7
  • メモリは、4G、8G、16G
  • SSDは、128GB、256GB、512GB、1TB
  • 厚さは、8.4mm(Pro 3は9.1mm)
  • 重さは、786g(Pro 3は800g)

デジタイザペンが新しくなりました。1024段階の筆圧検知が可能になりました。(Pro 3は256段階)ペンはバッテリー不要になりました。本体へは磁石で取り付けができます。このペンアクセスは非常にスムーズで、デモで見るとペンで絵を描くととてもスムーズにかけていることがわかります。ペンタッチ用にG5というチップセットを使っているとのこと。

タイプカバーも新しくなりました。キーボードはアイソレーションタイプのキーボードなりました。キーピッチは19mm、キーストロークは1.3mmで、ストローク感があって打ちやすくなったと思います。キートップはバックライト対応。タッチパッドは40%広くなり、5ポイントマルチタッチ対応です。指紋センサーも搭載しています。

性能差は、Pro 3に比べて30%向上、Mac Book Airと比べて50%向上とのこと。(比較元のスペックは不明ですが)

オプションのドッキングステーションも新しくなりました。従来はスタンドタイプでしたが、今度は手のひらに乗るサイズのアダプタのような形状になりました。USB3.0×4、4K対応のDisplayPort×2、イーサネットのインターフェースを持ちます。

価格は$899から$2199まで。

・・・とここまで噂されていたSurface Pro 4の話題で今回の発表は終わりかと思っていました。しかし、そのあと衝撃の発表が・・・。

次回に続く。