MacBook Pro(Late 2016)にはファンが一つしかなかった

最近MacBook Pro(Late 2016)を使っていて何か気になっていたんです。「ファンの音が片側からしかしない」と。


気になっていたのは以前水没で修理に出した時の交換部品で「左右のファン」というのを覚えていたんだす。(正確にはベースパネルとSSDを総取っ替えだったわけですが)だから片側からしか音が出ないので「あれ?」と思ったんたです。手を当ててみても熱い排気が出てくるのは向かって右側からだけ。

あー、これは故障か。またいくらかかるんだろう、折角OM-D E-M5mkIIのローンの返済終わったのに(^_^;)。と思っていました。まずはApple Diagnoticsでチェックします。これはMacを再起動させてDのキーを押していると出てきます。ハードウェアに問題がないか確認してもらいます。問題はありませんでした。ここでホッとしたわけですが。色々な記事を見ると過去のMacBookは二つファンが入っていてファン制御のアプリなんかだとRight Fan、Left Fanと表示されるんです。私も試してみました。とりあえずファンの制御を自分でやるわけではないのですが、Macs Fan Controlというアプリを入れてみました。するとこんな感じ。

ファンが一つしかありませんね。これならば問題ないのですが。では、実際中身はどうなっているのかということで分解記事を探してみました。

ハードウェア新型「MacBook Pro 13インチモデル」の分解・修理は極めて難しいことがiFixitの分解レポートで判明

あれ?ファンは一つですね。更にこちらの記事も見つけました。

Touch Bar搭載の新型「MacBook Pro」をiFixitがバラバラ分解、Touch Barの交換は非常に困難

なるほどTouch Bar搭載モデルはファンが二つ付いているんですね。ここで「それに対して底面を外した状態のTouch Bar非搭載モデルを見てみると、ファンは1つで筐体には通気口が見えません。」と明確に書いてあります。

確かに一つしかないようです。安心しました。というか壊れたらとんでもなく高い修理代ということが刷り込まれているので😂心配性になっていますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です