009 RE:CYBORG見てきました

11月2日は何故か会社が休みでした。まあ、何故かというか土曜日が文化の日で祝日だったために金曜日が振り替え休日だったんですね。と言っても、子供は学校だし、どこから出かけるにも・・・というわけで私一人で(^_^;)出かけてきました。当初、マイクロソフト関連のセミナーに行く予定だったんですが、たまには頭を休めようということで映画を見に行ってきました。で、見てきた映画はもちろん「009 RE:CYBORG」です。

image

サイボーグ009というのは私が生まれる前からの作品で、私はアニメで見ていたのですが、これは第二期の1979~1980年の作品ですね。劇場公開版の「超銀河伝説」は見に行った覚えがあります。

ということで、久々にサイボーグ009の劇場公開ということで見に行ってきました。今回は全編CGによるものでセル画を一切使っていないとのことです。最近の技術でリメイクされたものです。2Dと3Dとがありましたが、上映時間の関係と3Dだと3Dで一生懸命見ようとして話の本筋が見えなくなりそうなので、普通に2Dのものを見てきました。劇場は横浜桜木町の横浜ブルグ13です。

なんか映画館に来るとわくわくしますね。


NOW SHOWING!!


劇中にフランソワーズ(003)が座っていたダイブギア

前日劇場のサイトから座席指定で予約して当日カウンターで発見するだけです。便利になりましたね。

お話ですが、時は2013年世界中の高層ビルが破壊されるというテロに混乱する世界で、かつてのサイボーグ戦士たちが戦うというものです。といってもストーリーはそんなに単純ではなく、主人公の島村ジョー(009)は3年ごとに記憶を消されていて30年間もの間高校生活3年間を繰り返しています。それぞれのメンバーは独立していてそれぞれの生活をしています。まあ、たいていは諜報員とか軍関係なんですが。そして、「彼の声」に導かれて六本木ヒルズを爆破しようとする009のところにジェロニモ(005)とフランソワーズ(003)が記憶を取り戻すべく向かいます…。というところで、ネタバレになるのでここまでにします。なかなか面白い作品でした。映像は迫力がありましたね。さすが。まあ、ストーリーとしては意見の分かれるところでしょう。ただ、飽きさせずに最後まで見入ってしまうところはなかなかいい作品といえます。009に思い入れのある方は是非ご覧になることをお勧めします。

まあ、全体を仕切っていたのはフランソワーズ(003)でした。(^_^;)

 

コメントを残す