マイクロソフトSurface日本登場!!

先日の3月15日にマイクロソフトのタブレット端末Surfaceが発売になりました。うーんこれは欲しいですね。Windows RTが動くタブレットです。Windows RTはARMプロセッサ上で動くWindowsです。今までのWindows用のアプリケーション(Windowsデスクトップアプリ)は動かず、Windowsストアアプリと呼ばれるアプリケーションのみ動きます。ここは注意点です。

ラインナップは32GBモデルと64GBモデルが用意されています。更にキーボードはTouch CoverとType Coverというカバー兼キーボードが発売されます。価格は32GBモデルが49,800円、64GBモデルが57,800円、32GB+Touch Coverのセットが57,800円、64GB+Touch Coverのセットが65,800円です。Touch Coverの単品販売では9,980円、Type Coverの単品販売では10,980円となっています。

早速、ビックカメラの藤沢店とヤマダ電機の大船店に行って見てきました。ビックカメラでは32GB+Touch Coverのセットが売り切れでヤマダ電機では64GB+Touch Coverのセットが売り切れでした。お話を聞くと発売日のご祝儀相場というのもあるんですが、結構売れているとのことです。特にOfficeが使えるタブレットということで評判がいいようです。Windowsストアアプリしか動かないという問題については注意して販売しているそうですが、それ以前にWebが見られてメールが使えてOfficeが使えればいいという要求がある方からはあまり問題にはなっていないそうです。これはわかりませんけどね。

さてさて、私ですがなんとか買いたいと思っていますが、なかなか厳しいかな?

Surfaceについては、また書きたいと思います。

コメントを残す