Outlook あのメールはどこに行った? メールの検索のお話

メールは毎日沢山飛んできます。会社の偉い人になると(^_^;)毎日何百通と来るらしいです。(^_^;)さて、私もそれなりにメールが飛んでくるのですが、今まで届いたメールから「あのメールどこに行った?」と探すことが多くあります。Outlookでは検索ボックスがあるのですが、大体「あの人からのメールだったか?」「こんなタイトルのメールだったか?」と検索してみるもののなかなか出てきません。画面を見ていてもそもそもこれが検索された結果なのかわからないこともあります。

本文を狙い撃ちで検索した方がいいですね。例えば「こういう言葉というかフレーズで書かれていた」メールってあったよな、とかです。「早めの発注をお願いします」なんてフレーズが記憶にあれば「早めの発注」で検索してしまいましょう。

ここは「高度な検索」で検索してみましょう。Outlookで本文検索してみます。方法はいくつかあります。今回は

Ctrl + Shift + F

で「高度な検索」画面を出します。

ここで、メール本文で検索したい文字列を「検索する文字列」のテキストボックスに入力します。「検索対象」は「件名とメッセージ本文」を選択します。[検索]ボタンをクリックします。

目的のキーワードを含むメールが出てきます。

メールを開くと目的の(^_^;)ものが出てきました。

差出人など合わせ技で検索することもできます。結構まともに検索できるようになりました。