ドスパラのパーツの犬

新しいノートパソコンも気になるところですが、自宅のメインマシンはやはりデスクトップのマシンです。このマシンも組んだのが2009年。Core i7-870とかなり古いCPUを使っています。と言っても性能的には不満がなかったりしますが。但し、マザーボードのコンデンサとか経年劣化を考えるといつまでも安心はできません。どこかで、買い替えは考えておかなければなりません。

 ということで目に付いたのはドスパラのショップブランドのPCです。いろいろと調べていくとドスパラに「パーツの犬」というものがあることを知りました。これは、ドスパラが厳選した組み合わせの構成のパーツセットを販売するというものです。今のところ14種類。オフィス用途のローエンドモデルからVR対応のハイエンドモデルまで用意されています。購入するとケースやCPU、マザーボードなどの製品の箱が送られてきます。また、専用工具も入っているとのこと。(ドライバ、精密ドライバ、ニッパ、ケーブルバンド、静電手袋)組み立て方も詳しいマニュアルが用意されています。

 すべて揃っているので自作パソコンを始めたい方にはいいと思います。もちろん自作経験者でも実績のあるものを使いたいという方にはいいかもしれません。構成されているパーツはどれも手堅い選び方で、これなら安心できるかと思います。むむむ、見ていると欲しくなっちゃうな。

 次は、Core i3でも十分かと思っていましたが、動画の編集などを考えると、やはりCore i7は押さえたいなと思ってしまいます。

コメントを残す