靖国神社を参拝してきました

9月22日は会社が休みでした。9月23日の振り替え休日というわけです。
休みを設定してくれるのがこの会社の唯一(??)いいところですね。

前から行ってみたいところがあり、行ってきました。そこは、秋葉原の喫茶・・・じゃなくて靖国神社です。
小林よしのり先生の漫画に触発されたこともあるのですが、行ってみたかったんです。
私の父方の祖父も先の戦争で亡くなっておりそのお参りで行ってきました。遊就館も行ってきました。
もちろん今回の参拝は木沢朋和個人であると同時にWoodStream
Networks代表取締役社長としての公人としての公式参拝でもあります。(^_^;)

「ところで、靖国神社ってどこにあるんだっけ?」
(おいおい)ということで調べて地下鉄東西線九段下駅から徒歩であることがわかりました。駅を出てちょっと歩くと大鳥居と「靖国神社」
と書いた社号標があります。どんどん進んでいくと、創設に尽力された大村益次郎の銅像があります。更に進むと露店が出ています。
道路を渡ると第二鳥居があります。小泉首相が参拝するときに車から降りるのはこの場所ですね。そして、
菊の紋章の門(神門)に入ると拝殿が見えます。ついにやってきました。

PA0_0001

 

この奥に本殿があるのですが、一般の方は拝殿でお参りなんでしょうか。実はここら辺をデジカメで沢山写真を撮っていたのですが、
前に書いたとおりデータが壊れていてすべて無くしてしまいました。本当に残念です。また今度行ったときに撮ってきます。
上の写真は携帯のデジカメで親父に「靖国神社に行ってきたぞ」メールを送るために撮ったものです。
地方からパスツアーなどでこられた方が多いですね。年配の方も多いのですが、私のような30代位の方も結構いました。
もっと若い方もきていました。

 まずお参りします。正式には「二礼二拍手一礼」をやります。もちろんやりました。二回頭を下げて、パンパンと手を打って、
また頭を下げます。みなさんそうしていますね。お賽銭は大奮発(??)して100円入れました。私のお祖父さんが祀られているわけですが、
この歳になって来るのも何とも申し訳ない気がしましたが。参拝が終わって、拝殿手前の鳥居を出るとき、
ご年配の方は拝殿に振り返って深々と頭を下げていました。何とも神妙な気持ちになりますね。

 神門の手前で曲がって遊就館に行きます。
ここは軍事博物館であると同時に近代の歴史を綴った場所でもあります。入場料800円です。まず入ると零式艦上戦闘機52型があります。
そうですゼロ戦です。もう感激ですよ。(私は軍事マニアではないのですが、実物(復元だけど)をみたらそりゃもう感激です。
)ここまでは写真を撮っても良かったので撮ってはいたのですが・・・これが一番残念です。とりあえずリンクの写真で。

 

zero

ここから入ります。展示室が20あるんです。まずは「武人のこころ」から戦国時代の鎧や刀、鉄砲の展示と始まります。
やがて明治維新と次々と歴史が進んでいきます。満州事変から大東亜戦争そして終戦と展示品と解説が続きます。
特に満州事変あたりから大東亜戦争(第二次世界大戦と言った方がまだ馴染みがあるのだが)の展示は大変興味深く展示品はもちろん解説はすべて読んでいきました。
今まで知っていたことや思い出したこと新たに認識させられたことなどいろいろな事が書かれています。
特に開戦時の日本が経済制裁を受けたABCD包囲網やハルノートの表現はいろいろと考えさせられるのがあります。初めて見る
「ニイタカヤマノボレ」の電文「トラトラトラ」そして、最初の善戦からミッドウェー海戦敗退から南方での激戦、
沖縄での戦闘そして終戦その後のロシアとの戦闘まさに食い入るように見入ってしまいました。東京裁判での資料。パール判事の意見。
日の丸国旗に「いわゆる」A級戦犯の直筆の著名を見るなど大変興味深くまたいろいろと考えさせられるものがありました。
戦没者の皆さんの遺影や遺書などを見ます。特に、幼い娘と妻に当てた遺書は涙がこみ上げてくるものがありました。

 最後の展示室では、特効魚雷回天、九十七式戦車、艦上爆撃機「彗星」の復元機など見れます。戦闘機戦艦大和の主砲の音が聞けます。
なんか宇宙戦艦ヤマトの主砲の音に近いですね。というか、ヤマトが大和に似せたんでしょうけど。

 すべて見終わったときは、ある種特別な感情がこみ上げてきます。但し、こちらの資料はいわゆる「靖国史観」
というものに基づいたもので、ここでの考えが正しいものではないとは思います。各人の考えやそれぞれの国での考え方もあるでしょう。
正しい歴史認識を持つことが重要ですが、みんながどれか一つの考えにまとめるのは難しい話です。
私はそこまで責任を負って主張するほどの考えをまだ持っていないので、ここでは「いろいろ」とか「ある種特別な」
という表現をさせてもらいました。右か左かと言えば、片方に近い考えを持っていますが。まあ、愛国心があることだけは確かですが。

 最後の展示室を出ると売店があります。もうねー、いきなり置いてあるんですよ。ゼロ戦のプラモデルが!!
戦艦大和のプラモデルもあります。しかもゼロ戦は金属製・塗装済みのキットで5,250円です。これは欲しいと思いましたね。
(^_^;)相当グラグラ来たのですが、ここは思い留まりました。結局記念にゼロ戦のケータイストラップを買いました。600円でした。
早速携帯電話に付けています。

ZERO-FIGHTER

結局、昼飯を食べるのも忘れて遊就館に四時間近くいました。いやー、近年まれに見る貴重かつ重厚な時間を過ごしたと思います。また、
勉強して行こうと思います。

 最後に神門を出るときにやはり年配の方が拝殿を振り返って深々と頭を下げていくのを見ました。私もそんな気分にはなりましたが、
ちょっと気恥ずかしくてペコッと頭を下げて靖国神社を後にしました。

 

コメントを残す