Windows7のXP Modeを試してみました

Windows7のXP Modeを試してみました。

 

なるほどそういうことですか。という感じです。つまりWindows7にVirtualPCをインストールして、マイクロソフトから"無償提供"されるWindowsXP SP3の仮想環境もインストールします。その中でXP以前の環境を実行することにしているわけです。XP Modeで動かしたいアプリケーションはその仮想Windowsに中でインストールします。

 

ただ、通常のVirtualPCと違うところはアプリケーションごとにシームレスに見えるんです。つまり、Windowsの中に仮想 Windowsの画面が出るわけではなくて、そのアプリケーションだけのウィンドゥが出ます。例えば一太郎2007をインストールした場合、XP Mode上で動く一太郎2007だけ表示されます。(なんか説明がまどろっこしいんですが、キャプチャ画面の通り)

 

XPMode

 

当然動いているのは仮想WindowsXPですので、OS起動後初めてXP Modeのアプリケーションを起動するときはWindowsXPそのものの起動が必要になりますので時間がかかります。

 

まあ、よく考えたというか苦肉の策というか・・・。

コメントを残す