Outlookでメールを遅らせて送信する方法

Outlookでメールを送信するときに、すぐに送信せずにちょっと遅らせて送信する方法です。だいたいメールの誤送信って送信ボタンを「ポチっ」と押した後に間違いに気づいたりするんですよね。そんなことにならないように送信ボタンを押しても「ちょっと待ってから」送信することができます。

仕分けルールと通知から設定

Outlookのツールパーの[ファイル]から「仕分けルールと通知」をクリックする。

新しい仕分けルールの設定

「新しい仕分けルール」をクリックする。

送信メッセージにルールを適用

「送信メッセージにルールを適用する」を選択して「次へ」をクリックする。

「次へ」をクリックする。

ここでは全ての送信に適用します。お好みで条件を追加してください。

「指定した時間 分後に配信する」のチェックを入れる、ステップ2の「指定した時間」をクリックする。

メール送信を遅らせたい時間(分)を設定して[OK]ボタンをクリックする。

「次へ」をクリックする。

「次へ」をクリックする。

設定の確認

仕分けルールの名前を入力する。[完了]ボタンをクリックする。

[OK]ボタンをクリックする。

[OK]ボタンをクリックする。

新しい仕分けルールが追加されているのを確認する。

[OK]ボタンをクリックする。

メールが遅れて送信されるか試してみる

試しに自分宛にメールを送ってみましょう。送信ボタンを押した後、すぐには送信されず一旦「送信」トレイにメールが入っています。まだ、送信されていません。止めるなら今です!!(^_^;)

一分後にメールが届きます。