久々の半田付け

こんな記事を見つけてしまいました。オタクの定義は違うのですが、なんでものべ172万人とか、下記の文には笑ってしまいました。

「家庭持ち仮面オタク」はオタクの中で25%を占め、組立PCやAV機器などのメカ系分野を中心に幅広く分布。家庭生活関連の支出があるため趣味への支出や消費時間は低く、「家庭内でこっそりと小遣いをやりくりしながら趣味に没頭するお父さん」を典型例としている。

さて、あなたはどれに該当しますか?私は分類しがたいところにいるような気がしますが。なんか考えている今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。私は「家庭内でこっそりと小遣いをやりくりしながら趣味に没頭」しています。

 私は時計をいくつか持っているのですが、いや、私の内には時計がいくつかあるのですが腕時計を除いてすべてが電波時計なんです。そりゃもう一秒たりとも狂いがありません。安くなったもので一台980円くらいで買えますからね。奥様の目覚まし時計も近くのホームセンターで安く買ってきたものです。まあ、私に限っていえば時計が正確な分本人がかなりいい加減ということがありいますが。(^_^;)さて、そんな中私の使っている初代電波時計のCASIOのDQD-1000というやつですが、時刻がずれてしかも同期しなくなってしまいました。液晶の表示も大きく一時期は今の置き時計としても使っていて、今では私の机の上に置いてあり目覚ましにも使っている使用頻度の一番高い電波時計です。要は壊れてしまった訳ですが時計としては動作しているんです。同じようなものを買うのもなぁ・・・と思って、半年の月日が流れ、今朝起きて何かのお告げがあったように(^_^;)「中を開けてみてみるか。意外と電波を受信するアンテナの線が切れていただけだったりして・・・」なんて思って、朝ご飯を食べた後にあけてみました。

 なんと「その通り」でした。(^_^;)アンテナ部分が取っ手のようになっていて稼働するんです。これで、疲労してアンテナの線が切れてしまったようです。というわけで、久々に半田付けをしました。相変わらずへたくそですね。(^_^;)作業はかなりやりづらかったのですが、何とか半田付けしてセロテープで絶縁処理をします。

 元に戻して、同期させると・・・うまく同期できました。いやー、良かった。しかし、この程度すぐにやらんとは、やる気なしなしですなぁ。

コメントを残す