株ロボ開発 (1)

本格的に開発を始めた株ロボ君です。とりあえず、何をやるか書いてみます。

  • 平日ザラ場の株取引を自動的に行うソフトウェアで、私は仕事に専念する。(^_^;)
  • デイトレーダの様に一日に何度も売買を繰り返し、わずかながらでも利益を上げる。
  • ほぼリアルタイムに株価の情報を収集し分析して即売買の判定を行う。
  • 銘柄選びと利益確保や損切りのラインは私が設定する。

まず、必要な環境ですが、リアルタイムに株価の情報を収集する手段を考えます。証券会社のWebから定期的に(と言っても数十秒間隔で(これは証券会社の規定に従う))株価を取得し判断する方法が考えられますが、楽天証券のRSS(Real time Spread Sheet)で取得する方法が便利そうです。マーケットスピードというオンライン取引ソフトとセットになっていて、このために楽天証券に口座を作りました。(もちろんこちらで取引をすることも考えています。)

 次に、売買する方法です。これまた証券会社のWebを自動操作する方法もありますが、GMOインターネット証券ではWebアプリのAPIが公開されており、これを利用することを考えます。以前からGMOはこれが目的で口座を作っています。Webを自動操作することも考えてはいるのですが(できれば楽天証券を使いたいために)、どうもキー操作がずれてしまって誤操作ってことになったら困るのでちゃんとしたインターフェースを持ったものが欲しかったんです。GMOではWebサーバーにリクエストをするとすべてXMLフォーマットでレスポンスが返ってきます。これでなんとかいけそうです。自分の環境で試せるテスト用のサーバーも用意されています。

 まずは、環境としてはこんな感じですね。開発はVisualStudio2005 Express EditionでVisualC#を使って行うこととします。Excelの方がいいのかもしれませんが。(^_^;)

余談ですが、今日もせこい売買で3000円の利益を出しました。(^_^;)

つづく

コメントを残す