AV機器危機プロジェクト開始

先日液晶テレビを買うことになるかもしれないというお話をしました。なんか東芝のREGZAの26C3000というのが妙に安くて大船のヤマダ電機で79,800円でした。(この価格バイデザインか!?)ちなみにシャープのAQUOS Dシリーズは140,000円です。26型でね。32型だと180,000円というところです。いろいろと奥様と相談したのですが、「安物にはわけがある(他の家電製品の経験などから)」「(私の持ち物から考えて)一度買うと長期間使い続ける(=買ったものに愛着があるので)」という点で「長く使うんだから、それなりの価格のいいものを買った方がいいんじゃないか。だから型落ち品なんて買うべきじゃない。」というお話になっています。

ってことでちょっと方針変更でシャープのAQUOS Dシリーズで検討を進めています。32型がいいんだけど、26型でも不満はないんですよね。でも32型がいいなぁ。というところでブラウン管テレビは全く快調に動いています。ただ、突然だめになるケースはあるので次機種の予備調査と購入の心の準備だけはしておくようにしています。

というところで、実は別の話が・・・。ビデオデッキなんですが、今奥様が使っているのはSONYのいわゆるひとつのダブルビデオなんです。8mmとVHSのやつね。ダブルチューナーでなかなか便利なんですが、DVDが見られません。そりゃそうなんですが、私のPSX(DESR-7000)はDVDを入れただけで自動再生してくれず、メニューから選ばなければなりません。「なんかよくわかんないし壊したら嫌だ」とのことで使いたくないようです。まあ確かに私が密かに録画している釈由美子さんとか伊東美咲さんとか戸田恵梨香さんとかの出演ドラマも入っているし(^_^;)あまり触られたくありません。さらにここで問題が、レンタルビデオではDVDが多くなってきてることとのことです。そんなにビデオを借りてくるわけではないと思っていたのですが、「最近のアンパンマンの新作はDVDしか置いてない」という極めて重要な問題が発生しているとのことです。じゃあ、DVDプレーヤーを別に用意することも考えたのですが、この機会にDVD・ハードディスクレコーダーにしてしまおうかという話も出てきて、もうこれはAV機器が危機的状況に陥っているので仕方がない処置(??)として検討しています。これまたいつと言うことでもないんですが、検討再開です。このタイミングで私のPSXも売って新しいレコーダーの足しにしてちょっといいやつを買おうかなと思っています。

 

コメントを残す