WindowsVista初めての再インストール

先日のことなんですが、WindowsVistaを再起動させたときにchkdskを走らせたんです。そうしたらWindowsXPが入っているドライブのスキャンでエラーが多発(ええと何だったっけなぁReplacing invalid security id with default security id for file・・・とかだったと思うけど)してXPを起動させたら一部のサービス(RPCとかなんとか)が起動せずその後の動作も不安になってきたので入れ直そうかと思っていました。でも、どうするかなぁ・・・。というのは、今RAID0で組んでいるVistaの区画があるんですが、RAID0なもので速度的にはいいのかもしれないけど信頼性は半分になっているわけです。(正確にはもっとしかるべき数値があるんでしょうけど)そこにシステムを入れておくのはどんなものかなぁと前々から思っていたんです。データ領域のパーティションはバックアップをとるなど対策はとっているんですけどね。ですから、OSは単独のドライブに入れておいた方がいいと思ったんです。でなければRAID5ですが。

 と思っていたところに、この80GBのSATAのドライブにOSを再インストールすることになったもので、この機会に80GBのSATAドライブを起動ドライブにしてRAID0に使っていた160GB×2のドライブをデータ専用に割り当ててしまおうかと思いました。(RAID1もありかなと一瞬思いましたが。)さてさて、ではOSはどうするかVistaでいくかXPに戻すか・・・ちょっと考えたのですがVistaのためにここまで投資してしまったのと(^_^;)、なんか最近MacOS X 10.5 Leopardの紹介記事やインストール記事を雑誌やWebでみたりしていてなんか楽しそうでうらやましくなり「ここは最新のVistaで使い抜くしかねぇだろ(XPでも用が足りているのはわかっているんだが)」(ちなみにマウスは相変わらずぬるぽホイールは使えていませんが)ということでVistaで行くことにしました。なんかごちゃごちゃと入れてしまったのでここできれいに再インストールして気分展開したいというのもあるんですけどね。

 ということで今日の夕方から再インストールを始めました。Vistaのインストール時間は30分くらいで問題なく終わりました。さすが、RAIDのドライバも標準で入っていてOSセットアップがらみでは追加して何か行うということはありません。一応マザーボードP5B DeluxeのBIOSを1216から1219にアップデートして、チップセット用のドライバもASUSのサイトから最新のものを落としてきてインストールはしましたけどね。MacOS Xだとハードウェアがある程度固定されているのでここら辺は楽なのかもしれないですけどね。で、下記の通りお決まりのコースでインストールし直しです。

 秀丸、Becky!、FireFox(+Add in、さらにFoxMarkでブックマークの再同期)、エプソンプリンタドライバとプリントソフト、一太郎2007と花子2007とATOK2007(これが目的なんだが)、EOS Kiss Digitalの付属ソフト(Digiatl Photo ProfessionalとかZoomBrowserとか)、Adobe Reader 8.0、B’s Recorder GOLD9、BlogWrite、PowerDVD6とよく使うソフトを入れます。いつもお決まりのコースです。OfficeをXP PersonalにするかKingSoft Office2007するか悩んでいるのと、Norton360を再び入れるべきか悩んでいるところです。

 いやいや、さんざんインストールはやっているんで手慣れたもんですよ。しかし、入れたてのOSはやはりサクサクですねぇ。ちょっとMacOS X 10.5をみてうらやましかったところで今はVistaはこれでなかなかいいと思っています。まあ、やっている内容はXPの時と変わらないのですが。

 というわけでまたまたVistaな生活が続きそうです。

 

コメントを残す