Windows Liveが意外と便利な話

先日のCEATECでマイクロソフトの方とお話してWindowsLiveを使うようになってしまいました。正確には洗脳されたとも言いますが。そもそもWindowsMobileでGMailを使っていると言ったら「なんでLiveじゃないの?」って話しになり、いろいろとお話したのがきっかけです。
  GMailを使っているのはそういう記事が多かったこともあります。メールクライアントでPOPで使っていました。IMAPを使う方法もあるのですが、どうもうまくいきません。ただ届くすべてのメールを見るわけでもなく、すべてPOPで受信するのももったいないしメモリ容量も節約したいところです。というわけでメールはWebメールでいいかなと思ったんですが、GMailや@niftyはEMONSTERに丁度いい画面構成のWebメールではないんです。そこで試したのがWindowsLiveMailでした。さすがマイクロソフト製だけに丁度いい画面構成です。ここで書き込んだものはサーバー側に同期もしてくれます。(これは当然か?)さらにSpacesというファイルスペースで写真やファイルも置くことができ、どこからもアクセスできます。まさにiPhoneユーザーのMobilemeと同じようなものでしょう。使ってみると便利です。また、メールの送信では発信元のメールアドレスを自分の別のアドレスに変更できるので、Liveで受信しながら@niftyのアカウントで送信することができます。なんか今では当然のことなんでしょうけど、EMONSTERと合わせると便利です。
うううっ、こうしてまたマイクロソフト教にはまりこんでいくのか。

コメントを残す