「単純な人為的ミスにより」って・・・

Googleの全検索結果に「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性」,人為的ミスで

昨日の夜にGoogleでホンダのインサイトについて検索をかけました。インサイトはいいんですが。(^_^;)「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性・・・」と出てきてビックリしました。

この事件は、Google側に説明では、損害を(本当に)与える可能性のあるURLをリスト管理していたのだが、その中にスラッシュ(/)を入れてしまったために全てのURLが損害を与えるURLと判定されてしまったというものです。で、これを「単純な人為的ミス」としています。

まあ、確かに人為的ミスなんでしょうけど、おそらく「人為的ミスが入り込む余地のある仕組みが問題」として再発防止策を考えることでしょう。人間は必ず間違うんです。

実は私もこの週末の顧客先作業の設定とか手順とかを作成して現地で動かず大騒ぎ。調べたら「人為的ミス」ってやつです。ただ、間違えたのは大元は私ではないのですが、結果的に責任を問い詰めやすくて怒りやすい私のせいになるんでしょうけどね。 (「元の情報にデフォルトゲートウェイが書かれていなかったんです。」って言ったところで、その程度のことに気がつかないことが悪いってことになるんでしょうけど。)
なんか便利にしていくはずの情報化が逆に本来人間にかける必要のない負担をかけているんじゃないかと考えてしまいます。でも、それがあるからこそ昔にはなかった良さとかあるんでしょうね。特に医療関係などは頭が下がる思いで見ています。

しかし、まあ個人の携帯電話に休日に問い合わせ・対応だけならともかく、一連の自称に対する単なるお説教だけのために電話してくるのも困るんですが。基本料金は自腹だろって・・・。せめて携帯電話は全て会社持ちにして欲しいもんですが。→ウィルコムの法人契約

私の今回の「単純な人為的ミス」も、防ぐ仕組みをこれから考えなければなりませんが。(ってもう原案はできているんだけどね。)

人はなぜ他人の失敗が嬉しいのか

コメントを残す