Author Archives: 木澤 朋和

GitHubを使ってみる – 名前とメールアドレスの登録 –

GitHubを使っていますが、コミットした時のログに記録される名前とメールアドレスを登録していませんでした。なんかデフォルトの設定のままでした。

元々最初に設定しておくべき内容でした。登録する方法です。ここで設定した名前とメールアドレスがコミットした時に記録されます。

  1. 名前の登録
    git config –global user.name “名前
  2. メールアドレスの登録
    git config —global user.email メールアドレス

例です。

  • git config –global user.name “Tomokazu Kizawa”
  • git config —global user.email tomokazu.kizawa@oulook.com




GitHubを使ってみる – 変更したファイルをPushする –

なんとかGitHubにPUSHすることが出来ました。というのが前回のお話。では、変更したファイルをPUSHする方法を書きます。

ファイルを変更した際に指定したファイルだけを更新したい場合

  1. git add ファイル名
    指定した(変更)ファイル名を追加します
  2. git commit -m “コメント”
    コミットします。-mでコメントを追加します。
  3. git push origin master
    Pushします。

または

  1. git commit -a
    commitに-aオプションをつけると変更したファイルをコミットする。
    コメントを追加する場合は-mも合わせて使います。
    git commit -a -m “コメント”
  2. git push origin master
    Pushします。

 

 

GitHubを使ってみる(初めてローカルからリモートリポジトリにPushする)

今頃になってお恥ずかしい話ですが、GitHubを使おうとして悪戦苦闘していました。初めてローカルで作成したリポジトリをリモートリポジトリ(サーバー側ですね)にPushする方法です。
(「おいおいおい!!木澤君わかってないぞ」という突込みは大歓迎ということで)
GitHubに登録というのはVisual Studioから何となくなっていたのですが、コマンドラインで打ち込んでやったことはないのでやってみました。

Gitのインストール

まずは、WindowsでもMacでもgitをインストールしました。Windows版は下記からインストールしました。

https://git-scm.com/download/win

GitHubに新しいリポジトリを追加する

  1. github.comで”New repository”ボタンをクリックする。
  2. Repository nameに名前を付ける。(ここではEdgeExtGoogleSearch)
  3. Descriptionに適当にメモを書く。
  4. Publicを選択(Privateは有料で使用可)
  5. Initialize this repository with a READMEはとりあえずチェックを入れる。
    ↑実はこれが(このケースにおいては)よくなかった。(^_^;)詳しくは文末に書きます。
  6. [Create repository]ボタンをクリックする。
  7. URLの取得
    作成したリポジトリのリンクをクリックして”Clone or download”をクリック
    Clone with HTTPSを選択 https:から始まるURLをコピーしておくここからコマンドラインでローカルディスクに作成したファイルをサーバー(リモートリポジトリにアップする)

失敗例

ここからコマンドラインでgitのコマンドを打ち込んでリモートリポジトリにPushするのですが、Pushの段階で失敗してしまいました。たいていのGit入門的な記事では問題なくできているのですが、うまくいきませんでしたので失敗例と成功例を書きます。

  1. コマンドプロンプトを開き、登録したいソースコードがあるフォルダに移動する。
  2. 初期化
    git init
  3. ソースを追加
    git add .
    これでフォルダ配下のファイルは全て追加対象となります。
  4. ローカルリポジトリにコミット
    git commit -m “新規追加”
    何かコメントを書きます。
  5. リモートリポジトリの登録
    git remote add origin https://github.com/tkizawa/EdgeExtGoogleSerch.git
    (https:からの内容は上記7でコピーしたURL)
    ここでURLがoriginという名前に登録される。エイリアス的なものと考えてください。
  6. git push origin master
    デフォルトのブランチ(master)にアップする。

※ ここで問題

rejectedなんとかというエラーメッセージが出ます。
giterror私の解釈ですが、すでに作成済みのリポジトリがありpull(ダウンロード)していないにも関わらず、ローカル側の内容をpush(アップロード)しようとしたということになります。でも、いろいろとサイトを見るとこの方法が多く書かれています。

ではでは、理屈からすると一旦、サーバ(リモートリポジトリ)の内容をpull(ダウンロード)してしまえばつじつまが合うのではないかと。
ということで下記の操作を行いました。

成功例

最初から書きます。

  1. コマンドプロンプトを開き、登録したいソースコードがあるフォルダに移動する。
  2. 初期化
    git init
  3. すでにリモートリポジトリに初期登録している内容をPullします。(ここがポイント)
    git pull https://github.com/tkizawa/EdgeExtGoogleSerch.git
  4. リモートリポジトリの登録
    git remote add origin https://github.com/tkizawa/EdgeExtGoogleSerch.git
  5. git push origin master
    空の内容をデフォルトのブランチ(master)にアップする。
  6. ソースを追加
    git add .
  7. ローカルリポジトリにコミット
    git commit -m “新規追加”
  8. git push origin master
    デフォルトのブランチ(master)にアップする。

空の内容をpushする必要はないかもしれませんが、これでうまくいきました。GitHubのサイトを見に行っても更新できています。

追記:本当に失敗したこと

GitHubで新規リポジトリを作成した際に下記の操作をしていました。

Initialize this repository with a READMEはとりあえずチェックを入れる。

ここでリポジトリの初期化をした上にローカルでもgit initを実行していました。上記操作はgit initに相当するとのことでローカルでgit initしているので不要でした。(教えていただきました。ありがとうございました。)既にリモートリポジトリで更新処理がされているのに、それを反映せずローカルのリポジトリをリモート側にPushしたためエラーとなったと考えています。

よって、上記の”Initialize…”のチェックを入れなければ失敗例と書いたとおりにやってもエラーとなりません。確認済みです。

 




Visual Studio for Macが出る!!

マイクロソフトは開発環境Visual StudioのMac版のリリースを発表しました。同社のMSDN Magazineで発表しました。詳しくは、11月16日に開催する予定のマイクロソフトのイベントConnect();で発表されます。

Visual Studio for Mac – Introducing Visual Studio for Mac

ic863335

MSDN Magazine Introducing Visual Studio for Macより

Visual StudioのIntelliSenseもRoslynコンパイラも実装し、Xamarinを使うことでiOSもAndroidもMacのアプリも開発することができるようです。

もう正にMacを入手した私のために用意されたと言っては過言ですが(^_^;)、これは楽しみですね。




Surface Studio日本投入へ!

マイクロソフトの副社長ブライアン・ホールさんが来日しています。パートナーとのミーティングに来たとのことです。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1029067.html

記事の中では、先日発表されたSurface StudioのSurface Dialの話やSurface Studioの位置付けなどの話が出ていました。「我々は、Surfaceを生産性を上げたいユーザーのための製品と位置付けている」とのこと。確かに絵や図面、動画編集などの生産性はすごく上がると思います。でも、やはりそこまでスペックを要求しない方にももっと低価格でデスクトップPCを出して欲しいところですね。やや、製品の方向が変わってしまうかもしれませんが、21インチのモニタで解像度はフルHDで価格は12から15万円くらい。もろにiMac競合になりますが。パソコンはノート主流ですが、個人向けでもデスクトップの需要があると思います。かく言う私も一番使うのがデスクトップPCですからね。まあ、そこはマイクロソフトにとってはレッドオーシャンなのかもしてませんが。

そんなことを色々と考えさせられるSurface Studioですが、発表時から「日本投入はいつ?」と気になっていました。

「まもなくだ!」

とのこと。日本市場投入が決まっていることでも嬉しいですね。早く実機を触ってみたいところです。

メモ帳に自動的に日付を入れる

メモ帳に自動的に日付を入れる方法です。

メモ帳を開いて一行目に

.LOG

と入力します。ここで名前を付けて保存します。

image

そして、保存したテキストファイルをメモ帳で開きます。開いた時の日時が自動的に追加されます。

image

そしてまた保存して閉じてメモ帳で開きます。

image

また開いた時の日時が自動的に追加されます。

HoloLensの日本での提供を発表

日本マイクロソフトがHoloLensの日本での提供を発表しました。2016年11月1日から開催されているマイクロソフトのテクノロジイベント”Microsoft Tech Summit”で発表がありました。

別のブログに書いた記事ですが、こちらのブログ方がふさわしいので記事を持ってきました。

image
http://news.microsoft.com/ja-jp/2016/11/01/161101-information/#sm.00001qtni7eey1f2kwuyu5zhnge0w

HoloLensはWindows 10を搭載したヘッドマウントディスプレイ型のホログラフィックコンピュータです。パソコンの周辺機器はなく独立したWindows 10搭載のデバイスです。実際に見える空間にHoloLensが作り出す映像を重ね合わせることで複合現実の世界を作り出します。複合現実をMR(Mixed Reality)と読んでいるわけですが。

こんな感じ↓

開発者向けに$3000で開発キットとして北米を中心に販売されていましたが、ついに日本発売が発表されました。現時点では価格の発表もなく、2016年内にプリオーダーが開始されるとのことです。

これは楽しみですね。

Surface Book with Performance Base発表

2016/10/27にニューヨークで開催されたマイクロソフトのハードウェアイベントでSurface StudioとともにSurface Bookのモデルチェンジも発表になりました。性能アップのマイナーチェンジということになります。従来モデルも併売されます。新しいSurface BookはSurface Book i7またはSurface Book with Performance Baseと呼ばれています。

搭載しているGPUはNVIDIAのGeForce GTX965M(メモリ2GB)で従来のSurface Bookより二倍のパフォーマンスを発揮できるとのことです。またバッテリーも駆動時間は16時間(従来比30%増)でよりモバイルとしての使い勝手も向上しています。モデルとお値段はこんな感じ。

  • Core i7/メモリ 8GB/SSD 256GB $2399
  • Core i7/メモリ 16GB/SSD 512GB $2799
  • Core i7/メモリ 16GB/SSD 1TB $3299

米国では2016/11/10発売とのことです。日本での発売は発表はされていません。日本での発売も期待したいところですね。