Core i7マシンを組んでみたくなりましたが

先日の.NETラボの勉強会で新宿のマイクロソフトまで行ったときの話です。マクドナルドでお昼を済ませてまだ時間があるので、ちょっとソフマップに寄ってきました。

自作コーナーに行ってきたのですが、Core i7-860とASUSのマザーボードとDDR3のメモリ2GB分で通常57000円ちょっとのところ5万円とのことでした。うーん、確かに今から買い換えとなるとCPUとマザーボードとメモリごとの交換ですからね。5万円か。微妙な価格ですね。でも、メモリもDDR2からDDR3に切り替わっているので今からメモリ増設しても割高だしとプラットホームの切り替えを使用か考えています。以前も切り替えの目的がメモリでしたからね。今のところメモリは5GB載っているんですが(2GB×2+512MB×2)で8GBほど載っけてみたいと持っています。

と言うことを考えて見ていると、ソフマップの店員さんが寄ってきました。いろいろとお話ししていると「では、Core i7-930なんてどうでしょう」なんてLGA1366を紹介していただきました。Core i7-930とCore i7-860の価格差はほとんどないので考えてしまいました。まあ、この場合メモリは三枚差しとなるので最低価格は高くなってしまうし、マザーボードも高くなってしまいます。どうせ買い換えるのならばハイエンドのものが欲しいなぁとマニアの心に火が付いてしまいました。(^_^;)また、今使っているマシンがCore2Quad Q6600と話すと「それは体感速度で結構速く感じると思いますよ。」とのこと。

ただ、店員さん曰く「ただ、結構電力食いますので電源は650Wくらいのものを用意された方がいいと思います。」。えーっ、今は375Wの電源なので、これも買い換えになります。いろいろと考えているとブランドのマシンを一台買ってしまった方がいいんじゃないかと思ってしまいます。なんか以前ほどマシンを開けていろいろと組んでみたいという気力もないので。

というわけで、またまたいろいろと考えてしまいました。ちなみに今使っているCore2Quad Q6600とP5B Deluxeもまだまだそれなりの価格で買い取ってくれるというので要検討です。なんかオークションで売る手間とかを考えるともうお店に買い取ってもらった方がいいかなと思いまして。なんか、欲しいものいろいろとあるんですけどね。

この前こメインマシンのプラットホームの切り替えをしたのが、Socket478のPentium4(2.4BGHz)からLGA775のCore2Duo E6300で(その後Core2Quad Q6600に換装)2006年10月の話です。三年半前になります。そろそろ換えてもいいかなと思っています。

コメントを残す