出でよ!!DS-51P

先日パソコンで音楽を再生していたら、なんか音が割れています。但し、そのファイルをMP3プレーヤに持って行くと音は割れていません。サウンド出力に直接ヘッドホンをつないでも問題ありません。どうやら液晶モニタのスピーカかオーディオケーブルに問題があるようです。


しばらくヘッドホンで使っていたのですが、やはりスピーカーで鳴らせたいこともあります。多分ケーブルの問題ではないかと思っているのですが。とりあえず、外付けのスピーカーをつけることにします。実家に古の時代から伝わる(??)スピーカーがあります。その名はDIATONE DS-51P!!そう木沢君的AT互換機壱号機を買ったときに付いてきた外部スピーカーです。これって結構まともなスピーカーなんです。このスピーカーは今の液晶モニタ(SHARPのLL-T1620)を買うまで使っていたものです。液晶モニタに付いていたスピーカーをそのまま使ったので出番がなくなり、シャルバート星のハイドロコスモジェーン砲の様にしまわれていました。(^_^;)
 実家からDS-51Pを持ってきて、早速接続します。視聴すると音は問題ないようです。てゆぅかぁ、何とも深みのある重厚な音です。今まで液晶モニタのサウンド出力とは格段に違います。音楽倉庫にあるYMOのライディーンとかテクノポリスとか聴くとその音の重厚さがよくわかります。いやー、壱号機を買ったのは1996年3月です。8年以上も経ちますが、いいものはいいものです。

コメントを残す