秋葉原の画廊のおねーさん

先日H8マイコンに関する書き込みのコメントをいただきました。ご質問には答えられなかったのですが、秋月に入門書が置いてあったなぁ・・・なんて思っていて頭に秋月電子通商の風景が浮かんできます。昔、心理テストみたいなことをやって私は「空間想像力」というのが、ずば抜けていいらしいという結果が出てその意味も才能も活用できず地球連邦軍にも利用できず寂しい日々を送っていますが。(^_^;)さらにその風景からぐぐっと下がって秋月電子通商のある通りの風景が浮かんできます。丁度千石電子の前から秋月電子通商の方向に向いた感じの風景です。そこにある人物たちが浮かんできました。画廊のBRAVEのおねー様方です。
 私は気になりました。一体あの人たちは何であんな場所でやっていて、あの中にはいるとどうなるんだろう、と。おねー様達が配っている絵はがきを受け取るとかなりしつこく勧誘されると聞いています。ただ、その先が不明でした。非常に気になってきたので、いろいろと検索してみました。こちらのページの後半に画廊に入ったときのお話がありますね。いやいや、なかなか面白い展開に。
 私も画廊に誘われて入っていく方を見ましたが、その後どうなったか気になります。なんかここに入ってみて冒険してみたい気もしますが。(^_^;)どれだけ短い時間で(もちろん契約せずに)脱出できるかなんてね。
# 追伸
こちらにも面白い記事が載っています。

コメントを残す