VisualC#でWebアプリケーション開発

こんな記事を見かけました。

Avalonがもたらすユーザー環境への変化

Windows Vistaからの開発環境はまたまたロジックとユーザーインターフェースの分離が進むようで、サンプルの画面なんかを見ると「へー、なるほどねー」とわかる範囲で(^_^;)感心しています。昔だったらもっと「おおっ!!すげーぜっ!!」と驚喜していたかもしれませんが。最近プログラムは組まなくなりました。でも、VisualStudio.NETは必ずインストールしています。なんというか入れなければ自分のマシンではないような気がしまして。

 ということで、VisualStudio.NETでは何一つまともなものは作っていません。いや、VisualC++7.0としてハムログマップは作りましたが。会社の部門イントラネットサーバーがあるのですが、これまた私が余ったマシン(PentiumⅢ/800MHz、メモリ128MB、HDD 20GB、マザーボードはASUSのP3B-F)で組んだものです。一週間に一回必ずハングアップします。このマシンにはWindows2000 Professionalを入れてIIS5.0でWebサーバーを動かしています。何をしているかというと、いわゆる業務系のWebサービスなんかを提供しています。PASPを使ってVBScriptでコードを記述して動かしています。データベースはAccess2000を入れてこれをデータベースエンジンにしています。PostgreSQL8.0 for Windowsなんかも入れているのですが、データベースそのものが初心者でいろいろと試すのに手軽なのでAccess2000にしています。クエリーで作ったものをSQL文にはき出してくれるし、お隣にはこちらの達人の鈴木さん(仮名)もいることですし。
 いろいろと試していくうちに(そもそもこういう場当たり的な開発がいかんのだが)、役に立つものができてきました。今ではこれが止まると(特に私が作った部分の)業務に影響して私が大変なことになるくらいですから、まあまあ一つの目的は達成しているでしょう。しかし、HTMLのコードの中にVBScriptのコードを埋め込むのはなんか見づらいしデバッグし辛いし、やはり統合開発環境でやりたいなぁ・・・。と思っていたところに。
ふと私の脳裏に・・・

       「VisualStudio.NETでWebアプリケーション開発」

 ライセンス上は所有者だけが使うのならば複数のマシンにインストールしても問題なし。いや、しかし、私はもうモビルスーツには乗らないはずだ・・・。

というこで、会社のマシンに勝手にVisualStudio.NET2003をインストールして。(ばれたら怒られるだろうな。(^_^;))VisualC#でWebアプリケーションを開発してみました。感覚としてはViualBasicでフォームに部品を貼り付けていく感じで画面を作り、コードを記述します。若干の違いはあるものの、ほとんどWindowsアプリケーションを作るのと感覚は同じです。今回は各機器のファームウェアをダウンロードするWebページを作成しました。感じとしては周辺機器メーカーやマザーボードメーカーのドライバソフトやBIOSのファームウェアをダウンロードするようなページを作りました。ドロップダウンボックスで機器名を選択して、別のドロップダウンボックスにその機器に対応したファームウェアのバージョンを出します。それを選択してボタンを押すとダウンロードできると言うものです。(正確にはちょっと違うんですがこんな感じです。)各機器とファームウェアのバージョンとダウンロードするファイルのファイル名(パス)をAccessのデータベースに作成して、それを参照するようにしています。ということで、ちょっとだけデータベースアプリケーションっぽいこともしています。とりあえず、一丁完成です。いや、実はある操作をするとサーバーエラーを起こして止まるのですが、みんなに発覚する前に直しましたので。
初めて組んでみたので、それなりに躓くところもありました。大したことではないんですけどね。ここら辺の一般的なプログラムの話も書きたいのですが、また後日。(というと書くことはないんだけど。)

 久々にコードらしいコードを書いては見ました。これは結構面白いですね。言語は手元にある参考書(というか買ったときはやる気があって、そのまま放置していた奴)の関係でVisualC#を使ってみました。なんだか、C++なんだかBASICなんだかJavaなんだかわからなくなりそうですが、なかなか使いやすい感じはします。(って、そもそもJavaがわかっているのか??>私)要は、.NET Frameworkをいかに使いこなすかにあるので、言語についてはどれでもいいような気がします。ただVisualBasic.NETはかつてのVBの様な手軽さはなくなってしまったのでかえって使わないかもしれません。

 個人的にはWidowsアプリを作ってみたいところですが、なかなかいいネタがなくて。適当に遊んでみて、できるかもしれませんのでやってみます。

今回はこちらの本が参考になりました。Webプログラミングの基本的なところからAccessなどを使ったデータベースとの連携などの解説が書いてあります。最初のとっかかりにはいいと思います、おすすめです。

コメントを残す