モニタが壊れた Phase-2 -買い換えた方が安いもの-

IOデータ機器のWebページで調べてみると、19インチ以上のモニタで制御ボードの場合22,500円から、液晶パネルの場合65,100~89,565円かかるとのことです。おいおい買った値段(48,000円)より高いじゃねぇか、ってことで買い換えも検討しています。いや、まだ悩んでいるところです。というのは前回の記事をアップした後にIOデータ機器のWebページを見ていたら液晶モニタは3年保証って書いてあるんです。買ったのは2006年8月です。保証書を探してみてみると確かに36ヶ月間の保証と書いてあります。但し、「※LCDパネル及びバックライトは「1年間保証」となります。」という注意書きをしてあります。じゃあ、3年間保証が適用されるケースってどういうケースだと小一時間・・・。それはこれから聞いてみます。

 でも、梱包してあった箱なんか捨ててしまったし20型LCDモニタを安全に運ぶ手段なんて日通のパソコンポして思いつきません。電話で確認してみたところ、20型となると2000円の梱包材+送料とのことでした。ここから金沢まで1,580円。もし、LCDパネルの修理となると保証期間切れと言うことになります。なんかリスクが大きすぎる。

 では、新品で買うとどうなるか。IOデータ機器にこだわるわけではないのですが、Webページで散々調べていたもので、IOデータ機器の製品と直販価格を調べてみました。

LCD-AD191XW3
WXGA+(1440×900)対応 19型ワイド液晶ディスプレイ(ホワイト)
直販価格 24,800円(おいおい)

LCD-MF221X
21.5型フルHD対応(1920×1080) 、HDMI
直販価格 34,800円

っていうか、LCD-MF221Xは11月中旬発売だけどこれって大ヒットの予感だろ。ということで、もう修理を考えるより新品を買った方がいいような気がしてきました。

 もうちょっと考えてみよう。

コメントを残す