LPIC再挑戦

なんか異動になった先は資格取得に積極的なんです。これはいいことで私にとってもいいことでしょう。で、手っ取り早く取れる資格なんですが、4年前に半分だけ受かっているLPIC Levle1があります。LPICとはLinuxの技術力の試験でこれがあったからどうということではないのですが、Linuxに関するある程度認められている資格であることには変わりません。詳しくはこちら

LPIC Level1は101試験と102試験という二つの試験に合格しなければなりません。101は合格済みで102は合格点まであと10点足りず不合格となっていました。そのまま4年の月日が流れ・・・ああ取っておくかということになりました。試験にはレビジョンがあるようで、今年の4月からリリース3という新しいレビジョンの試験になってしまいました。ええーっ、じゃあすでに合格している101試験は・・・と問い合わせてみたところ101試験の合格はまだ有効とのことで、これに現在の102試験に合格となればLPIC-1の資格を得ることになります。しかも、この102試験合格から5年間有効とのことで安心しました。近いうちに受験してきます。合格した場合のみここで報告します。合格するまでたぶん話題にしません。(^_^;)

問題は受験費用です。一つの試験で15,750円かかります。まあ、これは払いますけどなんでこうベンダー系の資格って高いんですかね。次に挑戦予定の(暗に取れと言う雰囲気になっている)CCNAなんかも試験費用は31,500円です。MCPなんかも、マスターになるためには6万円近くかかります。NTTコミュニケーションズの.comマスターダブルスターでも10,500円です。なんか、もう財力との戦いですね。参考書も結構いい値段するし。いかに情報処理試験がお安いかわかります。

落ちられねぇぞ。(^_^;)

でも、これを持っているからと言って、仕事が・・・(以下略)

コメントを残す