Windows 10でファイル履歴を使う

Windows 10ではファイルの履歴をバックアップする機能があります。ファイルをバックアップするだけではなく、ファイルを更新した場合過去の更新に戻すこともできます。

早速設定してみます。

  1. スタートメニューから[設定]を選択する。
  2. [更新とセキュリティ]を選択する。
  3. [バックアップ]を選択する。
  4. ファイル履歴を使用してバックアップから[ドライブの追加]を選択する。
    image
  5. ファイル履歴を使用してバックアップから[ドライブの追加]を選択する。
  6. ドライブを選択する。(ここでは外付けUSB接続ハードディスク)
    image
  7. ファイルのバックアップを自動的に実行が[オン]になっていることを確認する。
    image
  8. エクスプローラでバックアップ先のハードディスクにFileHistoryというフォルダが作成されているのを確認する。
    image

バックアップのオプション設定

  1. ファイル履歴のバックアップ(上記項番7参照)で[その他オプション]のリンクをクリックする。
  2. バックアップのオプションが表示される。
    image
    ここで設定できるのは下記の通り。
  • ファイルのバックアップの実行間隔
    10分、15分、20分、30分、1時間(既定値)、3時間、6時間、12時間、毎日
  • バックアップの保持期間
    領域が足りなくなるまで、1か月、3か月、6か月、9か月、1年、2年、無制限(既定値)
  • バックアップの対象フォルダー
    ライブラリに設定している個人のフォルダ(マイドキュメントなど)が保存されますが、バックアップから除外することもできます。