iPad確かに魅力的なデバイスだ・・・だがしかし・・・

いやー、ついに発売になりましたね。iPad。実は4月にポッドキャスター同士でお会いする機会があって、とあるApple関係のポッドキャストをやられている方から触らせてもらっていたんです。

そして昨日会社の帰りに藤沢のビックカメラに立ち寄ったら入り口に看板があるんですよ。

iPad在庫あります

って(^_^;)

早速1Fのパソコンフロアの一角にあるAppleコーナーに立ち寄ったらなんか柵(??)があって数人の行列が出来ているんです。四台のiPadがあってそれを”体験”するための行列でした。とりあえず見るだけただだろうという感じで並びました。並ぶこと15分、特に時間制限をしていなかったのでみんなじっくり触っていて待たされました。で、やっと私の番に・・・。

いやー、素晴らしいですね。これは認めざるを得ないでしょう。写真、Webなど思った以上にサクサク動くしこの大きさはかなり魅力ではあります。4月に居酒屋で触らせてもらったときは長々と触っては申し訳ないので遠慮していたのですが、こうしてお店でじっくり触ってみるとよりその良さが実感できます。なんていうんですかね。とにかく凄いの一言です。

一通り試してみて、はっと気がつくと私も長々と見てしまっていたようで、出てきました。振り返るとさっきより多くの人が並んでいます。販売カウンターではiPadの箱が山積みになっています。あんなにあると「じゃあ、私も一台・・・」って気にはなってしまいます。

で、見終わった後の感想を言うと。

腕が疲れた

です。重いんです。時間にして5~10分程度だと思うんですが、重くて腕が疲れました。これはソファに座って何かの支えがあるといいのかもしれませんが、あれだけを持っていると意外と重いんですよね。外ならばiPhoneというかiPod touchくらいの大きさがいいし、自宅で使うことを考えると普通にパソコンがあれば問題ないかなと思ってしまいます。たしかにあのユーザーインターフェースは魅力的ではありますけどね。

ただ、自分で何か作って遊べるかというとそれは難しいです。Macが別途必要になります。時間的にもそちらに手を回している余裕がないので、買うことは今のところありません。

という感じで考えていて、あとは多分「一ヶ月もすれば間違いなく飽きる」という豊富な経験の元(^_^;)、今回は買いませんでした。この先どうなるかはわかりませんけどね。

そんなiPad日本デビューの一日でした。

 

コメントを残す