八日目の蝉を見てきました

みなさんゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?というと「俺は仕事だこのやろー」と言われる方もおられると思いますが。さすがにこんなに休みがあると。(^_^;)やることも個人的には沢山あるのですが、なかなか手を広げられません。

娘も小学校で奥さんも用事があるとのことでお父さんか時間をつぶすことになり(^_^;)「映画でも見に行くか」ということで映画を見に行ってきました。と言っても、何かみたいものがあると言うわけではなく「今やっている奴で適当に見ているか」という感じで横浜の相鉄ムービルに行ってきました。この映画館は私が子供の頃からやっている映画館で一時期は閉館の話もあったのですが、有難いことに今でも続いています。最近はワーナーマイカルとか桜木町のブルグ13とか行くこともあるんですけどね。

さて、何を見ようか?映画というと私はSFとアニメしか見ません。(^_^;)最近見た映画は・・・機動戦士ガンダムOO、宇宙戦艦ヤマト復活篇、サマーウォーズ、新世紀エヴァンゲリヲン序と破・・・うーん偏っていますね。ちなみに実写版宇宙戦艦ヤマトは見に行くタイミングを逸してしまいました。ということでこの手の映画はなく、そう言えば、誘拐犯が娘を一生懸命に育てた感動の映画があったはずだ・・・ええと「八月の鯨」だったかな????

「八日目の蝉」でした。(^_^;)

公式サイトはこちら

劇場のチケット売り場でわかりました。(^_^;)このお話しは、不倫相手の子供を誘拐して愛情いっぱいに育てた女性とその子の成人してからのお話しです。4月29日に公開されたばかりですので、ストーリーなどお話ししてしまうとネタバレになってしまうのでお話ししませんが・・・

この映画なんとなく観たのですが、泣けます!!すっげー泣けます!!不倫相手の子供を誘拐する誘拐犯を演じるのは永作博美さん、誘拐された子供恵理菜(薫)を演じるのが渡邊このみさん、成人した恵理菜(薫)を演じるのは井上真央さん。成人した恵理菜と行動を共にするルポライターに小池栄子さん。みなさんいい味出して演技しています。

物語は野々宮希和子(永作博美)が不倫相手の夫婦から生後6ヶ月の恵理菜を誘拐するところから始まります。希和子は恵理菜を、薫ると呼び衝動的に誘拐してしまいます。薫るというのは希和子が不倫相手(恵理菜の父親)との間に生むはずだった子供につける予定の名前でした。ここから薫が4歳になり誘拐犯として逮捕されるまで親子として愛情いっぱいに育てます。 そして、21歳になった恵理菜(薫)(井上真央)の物語も同時進行します。

冒頭、恵理菜(薫)が母親(森口瑤子)に戻ってくるシーンがあることで、希和子は逮捕されて恵理菜(薫)が別れることになることはわかっていましたが。

私もこの春小学校に入学した6歳の娘がいますが、近い歳の子供が出ていると結構感情移入してしまいますよね。悪いのは誘拐犯の希和子なのですが、一生懸命母親としてがんばる姿を見るととても犯罪者という見方ができません。希和子が逮捕されて薫と別れるシーンはもう泣けます。と、そのあとのラストシーンちょっと前のシーンはもっと泣けます。ネタバレになってしまうので言えませんが。ちょっとおすすめしたい映画です。

 

コメントを残す