小学校の入学式

今日は娘の小学校の入学式でした。会社を休んで親子三人で行ってきました。早いものでと言うかやっとというか思うところはいろいろとありますが、小学校一年生です。赤いランドセルを背負った娘に感激してしまいます。

小学校は通学路としてはそれなりに歩いたところにあります。防犯上の観点からあまり詳しい話はできませんが。

受付では小学校六年生のお姉さんが名札を付けて教室まで案内してくれます。こうしてみると小学校六年生って頼もしく見えますね。親は先に体育館に行き保護者席に座ります。やはりどこも体育館の作りは同じですね。子供も少なくなっており、私が小学校の頃は40人クラスが4クラスあったのですが、1クラスはそれに比べてかなり少ない人数です。でも、先生もその方がいいのでしょうか?新入生入場では六年生が手を引いてくれます。娘もさすがに緊張しているみたいでした。

冒頭に震災に際して黙祷があります。その後校長先生の挨拶など、さすが小学校の校長先生挨拶がうまいですね。前には日本の国旗と横浜市の市旗があります。国歌斉唱に続いて横浜市歌の斉唱です。君が代を歌ったのは久しぶりですよ。また、横浜市歌を歌ったのなんて子供の頃以来です。もちろん私は何も見ずに横浜市歌は歌えます。フルコーラスで。横浜市民の方、歌えますか?横浜市歌?奥さんも当然歌えました。(えー覚えていない~と言っているお父さんお母さんもいましたが)

こちら → 横浜市歌

式が終わってそれぞれの教室に行きます。娘がちゃんと机に座っているのを見てまた感激です。ここでいろいろな事を勉強して経験していくんです。私も思えば小学校の頃は一丁前なこと考えていましたからね。いろいろと感慨深いものがあります。

奥さんは帰ってから早速いろいろな持ち物に名前を書いたり連絡票やら注意事項を読んだりで大忙しです。お父さんは100枚以上撮った写真の整理と両方の親への印刷などなど。娘は大喜びで教科書を読んでいます。今、理科ってないんですかね。(今頃言うなと)お父さんの一番の得意教科だったんだけどなぁ。

早速明日から授業が始まります。やる気満々の娘に「頑張れ!!」と言ってあげたいです。いや、言いましたけど。

 

コメントを残す