HOYA エアリスト買いました

先日注文した眼鏡ができあがりました。
予定では納期二週間で1月30日出来上がりでしたが、昨日メガネドラッグ大船店から出来上がったと連絡がありました。と言うわけで、会社を定時で抜け出して(??)行ってきました。
 前も書きましたが、今まではチタンフレームのレンズの大きい古いタイプの眼鏡です。今度はフレーム無しの眼鏡にしました。ヤクルトの古田選手がしているようなやつです。と言っても、アイメトリクスは高いのでメガネドラッグで薦めてくれたHOYAのエアリスト(AirList)にしました。というのが前回のあらすじ。(^_^;)

 早速、メガネドラッグでできあがった眼鏡をかけてみました。というか、眼鏡をかけるというか顔に引っかけるというのが正確な表現でしょう。店員さんが「軽いですよぉ。」と言われるとおり、軽いです。「えっ本当にかけているのかな」という感じです。そりゃもう「外付けコンタクトレンズ」って感じです。鏡を見てみると・・・なんか間が抜けた顔になるかなと思っていたのですが、まあまあ自分ではさまになっていると思います。強いて言えば、ちょっとマイルドな表情になったかなと思っています。(^_^;)
 さて、このHOYAのエアリストですが、すべてプラスチックで金属は一切使わず、接合部も組み細工のように組み合わせているだけでビスも使っていません。注文したときの店頭サンプルと同じくらい軽いです。これはいいです。また、先ほど引っかけている程度と言いましたが、決して外れることなく顔にフィットします。私は今まで人差し指で眼鏡を押し上げる事をしていましたが、それも必要なさそうです。
 補償が効くらしく、レンズが傷ついたりしても費用の8割は負担してくれるそうです。メガネドラッグは支店に関わらず過去の販売記録を管理しているので安心です。今までの眼鏡を超音波洗浄機で洗浄してくれて、いろいろと説明を受けてから、お店を出ます。お店の出口まで店員さんは送ってくれます。メガネドラッグさん好印象ですね。
 お店を出てからびっくりします。すごく視界が広がりましたね。フレーム無しの眼鏡だからでしょうか。わかりやすく言うとザク(MS-06F)とリックディアス(RMS-099)のコックピットからの視界くらい違います。

 というわけで、非常にいい買い物をしました。帰ってきて奥さんの受けもいいようです。というか「一体いつまで古くさい眼鏡をかけているんだか」と思っていたという話ですが。実は結構みなさんそう思っていたらしくて。まあまあ、よかったかなと思っています。というわけで、ヤクルトの古田選手のような眼鏡は欲しいけどアイメトリクスは高くてちょっと・・・という方にはHOYAのエアリストはおすすめです。

HOYA エアリスト

コメントを残す