カラリオ me: E-100であります(その1)

いろいろなWebページを見ていて、子供の写真やビデオを撮って自宅でプリントして、なんてことを書いているページをよく見かけます。まあまあ、気持ちはわからないこともないんですが、そんな本人の幸せって他人から見ると超どうでもいいことで「はいはいよかったね」としか言いようがないことってあります。
 というわけで、ディジカメで撮った写真をプリントしようと言うお話です。(おいおい(^_^;))
子供の写真を一ヶ月間撮り続けて記録画像数としては実に400枚になります。といっても、その中で残しておきたい写真は数十枚とないでしょう。フィルムを消費しない、ある意味ディジカメの特有の技といえるでしょう。
ただ、ディジカメにこれまた特有の問題がありまして、撮った写真の扱いです。撮った本人はパソコンでいつでも見られます。しかし、普段パソコンをいじらない人(例えばおじいちゃんとかおばあちゃんとか)はほとんど見ることはなく、また見てもじっくり一枚一枚見ることはできません。ですから、「写真は沢山撮っているのを見ているんだけど、一枚ももらっていない」という話を聞きます。また、いわゆる電子データですから、一瞬のうちに消えてしまうことがあります。大切な思い出ですからそうなってしまっては目も当てられません。よって、私は原則として「残しておくべき写真は必ずプリントする」こととしています。この場合のプリントって写真屋さんで、いわゆるディジカメプリントしてもらったり自宅のプリンタでプリントしたりと言うことになります。
 私はFUJIFILMのプリントサービスをよく利用しています。Webで登録して費用はカード決済、受け取りは最寄りの駅のコンビニNEW DAYSです。プリントすると結構楽しいものです。しかし、写真を配ったら配ったで「焼き増しが欲しい」だの「xxにもあげたい」だの言って焼き増しの重要は必ずあります。お手軽さで言ったらプリンタで出した方がいいです。といっても、FUJIFILMだと画質補正をしてくれたりで半永久的に残したいものはこちらでお願いしたいと思っています。
 さて、私のプリンタはエプソンのCC-500Lです。複合機の走りのマシンで、カラープリンタではあるのですが写真画質のプリンタにはかないません。といいつつも、専用光沢紙で印刷すると結構いいプリントになります。ただ、親父がCC-570Lを持っていて先に写真を印刷していたのですが、一年経つと色あせてきてしまいます。最近のプリンタやインクでは30年くらい持つそうですが。ですから、CC-500Lでプリントアウトしてもここ一年くらいしか寿命のない写真になってしまいます。うーん、新しいプリンタが欲しい。CANONのPIXUSなんかはいいかもしれません。そこで「娘のために」奥様に稟議を出しましたが、あっさり却下されました。「しかし、ここで引き下がっておくであります。本命は一眼レフディジカメEOS KISS Digital Nであります。ケーロケロケロケロ」ということで断念しました。まあ、いいかCC-500Lで印刷して色あせたら印刷し直せばいいし、もしそういう需要があったとしたらFUJIFILMのディジカメプリントに出せばいいんだし・・・。強いて言えば、プリンタで出したときに縁なしで出したいなと思うくらいですかね。
 あー、やっぱり欲しいなぁ。と追っていたところに「あ、待てよ。プリントアウトしたいのはL判だけなんだよな。それだけなら安いやつないかな。」と思って探したらありました。エプソンのカラリオ E-100です。
相場から言えば、18,000円くらいです。これならこっそり買ってしまえます。(^_^;)YAHOOオークションで先ほど新品をもっと安く落札できました。(今連絡待ちです。)
 というわけで、写真プリント専用のプリンタを買ってしまいました。今から楽しみです。
エプソン Colorio me E-100 (E-100)
セイコーエプソン(株)E-100持ち運びもプリントも快適・ラクラク
デジカメにおすすめ!【カラーダイレクトプリンタ】EPSON カラリオE-100

コメントを残す