機動戦士ガンダムSEED Destiny PHASE-37 「雷鳴の闇」

もう先週からメイリン・ホークで頭が一杯という人が多いかと思いますが。(おいおい)
今週は、グフで脱走したアスランがデスティニーとレジェンドの乗ったレイとシンに追われるというお話です。
まあ確かに、デスティニーとレジェンド対グフでは今後も物語の展開上グフが圧倒的に劣勢ではあるのでこの先の展開は見えていたのですが、さすがに「モビルスーツの性能の差が戦力の決定的な差ではない」というお話にはなりませんでしたが。
 物語はグフで逃走するアスランととっさの行為でスパイ容疑をかけられてしまった髪型変えたらほとんどフレイ・アルスターのメイリン・ホークですが、シンとレイにあっさりと追いつかれてしまいます。投降を呼びかけるシンと彼に真実を伝えようとするアスラン、それを遮るレイ!!訳わかんなくなって種割れしてアスランを倒そうとするシンはんか実は何も考えていないような感じです。まるで仕事が集中して思考能力がなくとりあえず全部自分が抱え込んでしまうどこかの誰かと状況が似ているような気がしますが。(^_^;)グフでも善戦するアスランは凄いのですが、デスティニーとレジェンドには地球連合軍の陽電子リフレクターみたいな装備があってすべての攻撃をかわします。これを見たときはおおっと思いましたが。まあ、グフのヒートロッドでデスティニーのビームライフルが壊されますが。というわけで、アスランのグフはデスティニーに刺されて海に落下「大爆発」します。しかし、ここでアスランが死んでしまってはインフィニットジャスティスに乗る人がいません、つまりそれはプラモデルの販売に多くの影響が出ます。それは真の黒幕「バンダイ」が許しません。また、メイリン・ホークもここで死んでしまってはいろいろとフィギュアの売れ行きに影響します。おそらくエターナルのCICやるまでは死ねません。ということで、デスティニーとレジェンド発進直後に救命艇を出したキサカ一佐に救助されます。しかし、キサカ一佐ってなんで連合軍に居るんでしょう。ああ、そうだオーブと連合軍の同盟で連合軍に出向扱いとなっていたとか。(^_^;)しかも、ヘブンズベース攻撃があるのに勝手にアスランとメイリンを運んでいきます。
 あとは堂々とオーブに帰ってきたアークエンジェル。エリカ・シモンズ主任が迎え入れます。なんともご都合主義なのですが、これからオーブにおけるアークエンジェルの立場ってどうなるんでしょうか。
 というところで、来週に続くです。来週はヘブンズベース攻撃作戦でデストロイがまた出てきます。これまたネタバレで結果はわかっているのですが。

コメントを残す