機動戦士ガンダムSEED Destiny PHASE-42 「自由と正義と」

まあ、なんといいますか。この第42話前回お話しした内容通りの展開になってしまいました。
しかし、ここまで予想が当たるとは、とても業績見通しの税前利益を○億円外すどこかの誰かとは違うでしょう。(^_^;)
最後の「アスラン・ザラ。ジャスティス出る!!」とアークエンジェルから飛び出して、エンディングの曲が流れたとき「くわーっ、インフィニット・ジャスティスのMGが出たら絶対に買うぜっ!」と思ってしまう、バンダイの犠牲者が何人出ることか。
 今回のパロディーは、ディスティニーとストライク・フリーダムのビームが衝突するところでしょう。これはΖガンダムでジャブローの内部でカミーユのガンダムMkIIとジェリドのマラサイのビームが当たるのと同じです。そしてそして、ドムですね。正確にはこちらはドム・トルーパーなんですが、まあまあジェットストリームアタックはお約束だと思っていたのですが、まさか三人で声を合わせて「ジェットストリームアタック!!」って言ったりしないだろうなと思っていたらなんと本当にやってくれました。もう何も驚きません!!もうもうここまでやってくれたらタリア艦長に「意外と議長も甘いようで・・・」をやってもらうしかないでしょう。先週書かなかったのですが、フラガの兄貴(というかネオ大佐)もお約束の台詞を言ってくれるし局所的には先が読めてしまっています。
 あとは、我らのメイリン・ホーク(^_^;)の出番が久々にあって、「置いていかないでください」というところで全国のみなさんが喜んでいる一方、ルナマリアは足手まとい扱いされて・・・実は売れ行きの均衡を図ろうとしているのではないか(って何を)と思ってしまいます。
 ということで大筋は先週書いたとおりであまり書くことがなかったりしますが。
でもねー、ディスティニーとストライク・フリーダムの互角の戦いを延々と見させられても私は飽きてきてしまいます。まあ、あの死の商人さん達のお気持ちはわかりますが・・・。

コメントを残す