電車男 第九話/第十話

いやー、第九話まで再放送してくれたおかげで録画し損なったお話も含めて全て見ることができました。というわけで九話と十話をまとめて。野球やバレーで放送時間がずれてしまっていたので録画組としてはうれしい配慮ですね。
九話の冒頭では、エルメスさんと電車男君が秋葉原にパソコンを買いに行くのですが、妄想シーンで伊東美咲さんにメイドさんの格好をさせて「お帰りなさいませ。ご主人様。」って言わせて、更に秋葉原で「萌えー」と言わせたところで「すみません。もう勘弁してください。」って感じで、何とも”痛い”描写ですね。ここで一気に脱力してしまい、あとは惰性で「はいはい」って感じで見てしまいました。一つ言えることが伊東美咲さんはミスキャストではなかったのかと思います。やはり、中谷美紀さんとか佐伯日菜子さんとか菊池麻衣子さんとか深津絵里さんとか桜井幸子さん当たりの路線(ってどういう選考基準じゃ・・・)でやった方が良かったのではないかと思ってしまいました。
伊東美咲さんが買ったパソコンはプリウスというのはお約束のようでしたが。
 まあ、ストーリーとしてはドラマとして仕立て上げるには、ここまで話をねじ曲げないといけないんですかね。原作(??)を再現するとなるとショートストーリー的に60分ものにするのが良かったのではないかと思います。「まあ、いいんじゃないのー」って感じで見てしまいましたが。実は、第十話が最終回だと思ってみていて、エンディングの曲が始まったときに「おいおい、あとはご想像にお任せというすげー終わらせ方だな。」と思ってしまいました。
次回は本当に最終回。

コメントを残す